飯田圭織の子供の病名は慢性腎不全?現在は乳がん?結婚した旦那の仕事は?

Pocket



飯田圭織さんといえば、モーニング娘。の元メンバーのひとり。
ジェイソンというあだ名でも親しまれ、その笑顔とナイススタイルが魅力的なタレントです。
そんな彼女も現在は結婚、旦那さんとの間に子どももいます。
飯田さんは結婚の際、ファンとのバスツアーで結婚を発表!その幸せそうな笑顔にファンの多くが祝福しました。
しかしその後、彼女の幸せな結婚・出産に影を落とす、大きな事件がありました…

飯田圭織の子供の病名は慢性腎不全?

WS000000

出典http://topicks.jp/37689

飯田圭織さんの幸せな生活に影を落とした大きな事件、それは、愛してやまない長男との、あまりに早い別れでした。

出典http://topicks.jp/16632

出典http://topicks.jp/16632

病名は、慢性腎不全だったという長男。わずか6ヶ月という幼さでの急死でした。
慢性賢不全とは、ゆっくりと時間をかけて進行し、徐々に腎機能の低下が進行する病気です。
この病気、大人であれば食事・生活習慣の改善など、比較的治療がやりやすいとも言われていますが、息子さんの年齢では難しかったようです。
また長男は生まれた時から腎臓を患っていたということなので、その進行・症状も悪かったのかもしれません。

大きな喪失を受け止め、その後、2013年に次男を出産。
ずっと会いたかったわが子を抱くことができて幸せでいっぱいですと語られたコメント、胸を打つような印象が残りました。

出典http://ssl-stat.amebame.com

出典http://ssl-stat.amebame.com

また、モーニング娘。時代からも彼女にとって重要な人物であり、旦那さんとの結婚のきっかけも担ったというつんくさんからも、この出産へはお祝いのコメントが届きました。

出典http://www.cinematoday.jp/

出典http://www.cinematoday.jp/

男の子なんでやっぱバンドマンかなぁ?な~んてと、将来を楽しみにするコメントからは、いかに彼の生誕生が長く強く待ち望まれていたものなのかを感じさせてくれましたね。

<スポンサーリンク>

現在は乳がん?

そんな幸せな生活の中、しかし、彼女の苦難はそれだけでは終わりませんでした。一時期は胸にしこりが見つかり、乳がんでは?!という報道もありました。

出典http://www.daily.co.jp/

出典http://www.daily.co.jp/

この件に関しては、後日、自身のブログで、良性の腫瘍で水が固まって出来たものであったことを報告。
現在は2013年に生まれた次男と、旦那さんと幸せな毎日を送っているようで、公式ブログのアメブロや、インスタなどにあげられる息子のための手作りのご飯は、見る人に彼女の幸せな毎日を伝え、笑顔をくれます。

出典http://ameblo.jp/kaori-iida/entry-12029598659.html

出典http://ameblo.jp/kaori-iida/entry-12029598659.html

結婚した旦那の仕事は?

そんな彼女の旦那さんはケンジさん。
7HOURのバンドの元メンバー(ボーカル担当)です。

出典http://laughy.jp/

出典http://laughy.jp/

つんくさんとの仕事をきっかけに2人は出会い交際、結婚したとか。
しかし、今はそのバンドは2002年、解散。
現在の仕事が気になるところですね。
中には実家の質屋さんを継いだ、という噂もでたようです。苦労の多かった飯田圭織さんの結婚相手ですから、当然いったいどんな人なのか、今何をしているのか、さまざまな憶測を呼んだのも無理はありません。
そんな中、はっきりとしたことは書かれていませんが、一番有力な情報は、なんと飯田圭織さん自身が情報源。
飯田圭織さん自身が結婚生活に関して発表したコメントの中で、旦那さんは現在は会社勤めをされているとか。
一時期は離婚の危機もあったそうですが、今は仲睦まじく過ごしているとのこと!

笑顔が素敵な飯田圭織さん。

出典http://laughy.jp/

出典http://laughy.jp/

生まれたばかりの子供を亡くすという、辛い体験をしなければなかったことは、どれほどの苦しみがあったことでしょう。
子供を亡くすのは、もしかしたら、世界で一番辛い出来事かもしれません。
それでも、二人目の子供を育て、芸能活動も頑張っている飯田圭織さん。
様々な苦難もありましたが、今は幸せに毎日を過ごしているというのは、本当に嬉しいことです。今後も、彼女を応援していきたいですし、さらなる活躍に期待したいですね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>