紺野あさ美は過食と拒食症で劣化?アナウンサーで激やせ?原因は二股?現在の体重は?恋愛と摂食障害

Pocket



紺野あさ美さんは1987年5月7日28歳。元モーニング娘。の第5期メンバー(同期は高橋愛さん・小川麻琴さん・新垣里沙さん)2006年モーニング娘。ハロー!プロジェクトを卒業する。
現在はテレビ東京の踊りがとても上手なかわいい女子アナウンサー。そんな紺野あさみさん、テレビ等で見受ける、激しい激やせぶりが話題になっています…

紺野あさ美は過食と拒食症で劣化?アナウンサーで激やせ?

紺野さんのモーニング娘。卒業理由は、大学進学を目指すためでした。

出典http://taiyou-ynj.com/

出典http://taiyou-ynj.com/

2006年12月、慶應義塾大学環境情報学部のAO入試に合格して、2009年にテレビ東京のアナウンサー試験に合格。2011年にテレビ東京に入社。
順調な転身に見えたものの、入社わずか3年余りで体調不良の休養を余儀なくされました。

その当時は156㎝で、体重38㎏ぐらいだったと言われています。あまりの痩せ方に痛々しく、精神的にもかなりダメージがあることが伺えます。
正直なところ、休業前の痩せ方は病んでいる感じが隠せないくらいで、お肌も首も、デコルテラインも激しく骨が浮き出てしまい、腕もカリカリとしか言いようがありませんでした。

出典http://www.logsoku.com/

出典http://www.logsoku.com/

骨と皮のみのようなスタイルで、劣化の噂も出て、拒食症の痩せ方を見せているように思えました。

彼女のこの姿から、拒食症と過食症を繰り返していると噂が出ていて、週刊誌のフライデーでは、食材を大量に買い込んでいる姿が激写されていました。

電車のホームでたい焼きの入った袋を抱え、1個目をホームで食べると、なん と人目もはばからずに車内で2個目をパクリ。別の日の夕方には、局内から同僚らしき男性と出てきて、夜には都内の鉄板焼き屋へ。4時間ほど食事を楽しんで 1人になると、今度はラーメン店に立ち寄り15分で完食。その後、コンビニで惣菜を袋いっぱいに買い込んで帰宅。リアルライブ『まだまだ体調が心配なテレ東・紺野アナ』http://npn.co.jp/article/detail/51211198/

彼女は過食嘔吐を繰り返していたのでしょうか?

<スポンサーリンク>

原因は二股?現在の体重は?

2015年、彼女は初冠深夜番組にて『紺野、今から踊るってよ』に出演しました。
この番組は(YouTubeの動画があります)15分間、ダンスをただ踊るだけがのようですが、  アナウンサーになってからも可愛く、久しぶりにキレのいい彼女のダンスを観ることが出来るのは、ファンには嬉しかったでしょうね。

もしかしたら、彼女の激痩せには恋愛でのストレスもあったのかもしれません。
紺野さんは昔から恋多き女性だったようです。
2013年にはプロ野球・広島東洋カープの野村祐輔投手との真剣交際が発覚しましたが、 彼とは遠距離恋愛で、愛が上手く育まれなかったようです。

出典http://blog.livedoor.jp/

出典http://blog.livedoor.jp/

遠距離恋愛で会えない日々が続いたからか、紺野さんは浮気をしてしまいました。それも同じプロ野球選手と。
お相手は横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝投手で、二股状態だったようです。

出典http://gensun.org/

出典http://gensun.org/

野村投手に三嶋投手との浮気がバレ、野村投手から振る形で終止符がうたれました。
この別れ、野村投手からの決別宣言を受けまた、彼女は精神的に病む状態に陥ったようで、精神的に壊れ、2014年4月より体調不良による一時休養に入りました。

仕事復帰同年7月。
その後は先ほどお伝えした、紺野さんの冠番組『紺野、今から踊るってよ』に無事出演を果たし、ゆっくりと頑張っておられるのだと思います。

現在の体重はもちろん公開されていませんが、以前よりはふっくらとした様子。

出典http://twisoku.ldblog.jp/

出典http://twisoku.ldblog.jp/

可愛い女子アナさんなので、今後もアイドル時代同様、頑張ってほしいですね。

恋愛と摂食障害

恋愛と摂食障害については、切っても切れない事情があるように思います。
恋をすると、誰しも、嬉しいときも悲しいときも、食事が喉を通らない経験をされたことがあると思います。
幸せな状態が継続している間はキレイに痩せていくことが出来ますが、どんな理由であれ、悲しみや苦しみからくる、深い恋・恋愛で痩せると、心身ともにくたびれ、よくない痩せ方をしてしまうこともあるように思います。
その状態が、場合によっては拒食症という心の病を生むことがあるので、周囲も、充分気を付けて行きたいですね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>