桑田佳祐ががんを治療した病院は?再発は?躁鬱病の病気も?子供は何人?息子がバンド?次男の学校は?

Pocket



桑田佳祐さんは1956年2月26日生まれの現在59歳。
言わずと知れた国民的人気バンドグループ「サザン・オールスターズ」のボーカル&リーダー。
2010年に食道がんが見つかった時には、日本全国のファンが驚いたことは記憶に新しいですね。
ミュージシャンとして、定期的に診断を受けていたそうですが、見つかったポリープが「がん細胞」とわかり、手術することとなり・・・

桑田佳祐ががんを治療した病院は?

桑田さんの食道がんは、幸い、早期発見だったため、転移もなく、現在ではサザン・桑田佳祐完全復帰をしてファンを喜ばせました。

出典http://ro69.jp/

出典http://ro69.jp/

それでもがんの摘出手術は体への負担や心配事などもあります。では、食道がんの治療等はどういった内容なのでしょうか? まず、食道がんは40代後半が主で、男性だと50~60代に増えている病気です。桑田佳祐さんの食道がんがわかったのが54歳の時ですので、年齢的には発病しやすい年代ですね。

出典http://chsakura.blogspot.com/

出典http://chsakura.blogspot.com/

まず入院していた病院は、残念ながら非公開となっていますが、一般よりも広く、個室の大きは部屋だったそうです。
治療については、食道がんにもステージ(進行具合)があり、広がりが少なかったりした場合には内視鏡での治療もできるそうですが、桑田佳祐さんの場合は胃に近い場所だったので、食道の一部を切り、胃とつなげる方法を取りました。
また、食道がんの手術には術後に障害が残る可能性があるそうですが、桑田佳祐さんを見る限り、そのようなことはありませんね。早期だったことが良かったのではないかと思います。

<スポンサーリンク>

再発は?躁鬱病の病気も?

また、食道がんに限った事ではありませんが、再発の可能性も有ります。同じ食道に発病する場合も有りますが、他の部位に転移することがほとんどだそうです。
桑田佳祐さんも完治したわけではなく、再発する可能性があると言っていますので、現在でも薬や通院での治療を行っているのではないでしょうか。それでも芸能人という立場ですので、不規則な生活が続いたりしていそうですので、十分注意してもらいたいですね。
また、躁鬱病も患っているという話が有りましたが、これは桑田佳祐さん自身の性格と踏まえて。

出典http://ichiba.nicovideo.jp/

出典http://ichiba.nicovideo.jp/

著書「ロックの子」にて発言している「天性の躁鬱一家」と言っているところからではないでしょうか?

子供は何人?息子がバンド?次男の学校は?

桑田佳祐さんの奥さんは、皆さんもご承知と思いますが、サザンの原由子さんです。今では奥さん一筋の桑田佳祐さんと破天荒な旦那を支える原由子さんの間には2人のお子さんがいます。自宅ではどんなお父さんなんでしょうね?

息子はどちらも男の子で、子供の名前は長男だけがわかっています。
長男の桑田祐宣(くわたゆうき)は、なんとインディーズバンドでデビューしており、ボーカル兼ギターをしています。画像や動画を見てみると、どことなく桑田佳祐さんに似ているような? やはり2人の影響を受けて、音楽の道へと進んでいったのでしょうね。

出典http://are-kore-net.com/

出典http://are-kore-net.com/

そして次男ですが、名前や写真や画像は残念ながら見つかりません。
というのも、ごく普通の一般人のため、メディアには露出していないからだと考えられます。また、自閉症という障害を持っているのではないか? と噂われていますが、一般人である次男のために、テレビ等で発言しない事が噂に結びついたのではないでしょうか。

子供たちの学校ですが、長男・次男共に青山学院大学に入学してます。ちなみに、父である桑田佳祐さんも通っていましたが、こちらは除籍されており、卒業はしていません。

2015年には新アルバムを発表したり、ライブを行ったりと、サザン・オールスターズの勢いは留まることを知りません。
サザン・オールスターズや歌を歌うということが、桑田佳祐さんにとってとても大切なものということが良くわかります。
病気は完全に克服したわけではありませんが、これからも日本中に、桑田節を炸裂してほしいですね!

参考サイト
独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター  http://www.onh.go.jp/seisaku/cancer/index.html
がんプロ.com http://www.gan-pro.com/
食道がんのきほん http://www.xn--vvy386cs6f.net/

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>