藤圭子の病気は何?いつから?精神病?症状は?目を失明?メンヘラ?夫と離婚を?現在は娘の宇多田ヒカルは?

Pocket



若い方はあまりご存知ないかもしれませんが、宇多田ヒカルさんの母親であり、歌手であった藤圭子さん。
女の生きる世界をどこか暗く、それでいてどこか艶っぽく歌い続けました。
藤さんの全盛期は、その可愛らしい姿からは想像できない歌声と、どこか情を感じさせる歌詞で人気となり、まさに歌姫と言っても過言ではありませんでした。母娘共に、伝説の歌手として活躍しました。
しかし、藤さんの晩年は奇行が目立つようになり、アメリカでの現金没収騒動のニュースはファンのみならず多くの人を驚かせ、歌手の頃とは違った存在感を露わにしました。そして、2013年には・・

藤圭子の病気は何?いつから?

伝説的な歌手であり、夫と、宇多田ヒカルさんという才能溢れた素敵な娘がいながら、2013年に自ら命を断つという形でその生涯を終えてしまった藤圭子さん。

出典http://yattuketeyaru.blog.so-net.ne.jp

出典http://yattuketeyaru.blog.so-net.ne.jp

藤さんは、なぜ自分自身で生涯に幕を閉じてしまったのでしょうか?
その原因と思われる彼女の変化や行動を、娘の宇多田さんが自身のホームページにてコメントしていました。
それによると藤さんの病気は、精神の病だったとコメントしており、具体的にはパニック障害や攻撃的な言動などを引き起こす人格障害等を患っていたようです。

では、それらの病気は、いつから症状が見られたのでしょうか?

出典http://www.asagei.com/

出典http://www.asagei.com/

宇多田さんによれば、彼女が5歳の頃だと語っています。

娘である宇多田さんの幼い目に、お母さんがどう写っていたのかはわかりませんが、少しづつ変わっていく母親からの攻撃的な言葉などを、夫や娘がどんな気持ちで接していたいたのか考えると、その苦労は計り知れません。

それでも、藤さんは病と闘いながらも、娘を信じて売り込みをするなど、宇多田さんを支える一面もあった事も忘れてはいけません。

WS000002

藤さんは理解されることが難しい病気に苦しんでいただけで、決して2人の間に愛情がなかったわけではないのです。

精神病?症状は?

では、藤さんが抱えていた精神の病とは、どういった症状だったのかを調べてみました。
すると、藤さんには、
・感情の制御
・他人への不信感
・派手な金銭感
・現実と妄想の違いがわからなくなる
などの症状が出ていたようです。
これらを総合して見てみますと病名として当てはまるものに統合失調症があります。
統合失調症は、このような症状です。

統合失調症の症状は、幻聴や幻覚、被害妄想という症状が特徴的な精神疾患です。しかしそれだけではなく、人々と交流しながら日常生活や社会生活を営むという機能が障害を受け、「自分の状態がおかしいかもしれない」と反省的に考えることが困難になる、病識の障害という特徴を持ち合わせています。統合失調症は多くの精神疾患と同じように慢性の経過をたどりやすく、その間に幻覚や妄想が活発になる急性期症状が発現します。メンタルヘルスONLINE http://www.k4.dion.ne.jp/~care/tougou-inf.html

藤さんも攻撃的な言動や非日常的な生活などをしていたそうですので、こちらの病気にあてはまるようです。
しかし、この病気は特別珍しいものではなく、100人に1人には発病するなど、我々の近くに存在する病気です。
しかし、発病する原因はまだハッキリとはわかっておらず、遺伝子的要素にストレスが加わった結果ではないかと現在は考えられています。

病気が直接的な死因ではないにしても、藤さんは、病気に精神を蝕まれ続けた事によってあのような結果になってしまったのではないかと思うと、やりきれないですね。

<スポンサーリンク> 

目を失明?

上記の病気とは別に、藤さんは網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう)という病気を患っていました。聞き慣れない病名ですが、網膜色素変性症とはこのような病気です。

眼の中に入った光は、眼底の網膜(カメラにたとえるとフィルムまたは撮像素子に相当する組織)で焦点を結び、その情報が脳へ送られて視覚が成立します。網膜は1億個以上もの「視細胞〈しさいぼう〉」という、光を感知する細胞が集まって構成されています。
網膜色素変性症はこの視細胞が、年齢よりも早く老化し機能しなくなってしまう、両眼性の病気です。視細胞が働かなくなった部分は光を感じとれず、映像になりません。目と健康シリーズ特集:網膜色素変性症 http://www.skk-health.net/me/09/

この病気は進行が遅いため、年月と共に視野が狭くなっていき、最悪の場合は失明に至る病気となっています。
発病の明確な原因は遺伝子に何かしらの異常によって発病し、この病気は完治させる方法は未だ明確に見つかっておりませんが、薬などの治療によって病気の進行をゆっくりにする事が出来ます。

遺伝によって、子供などが発病する事がありますので、藤さんは娘には光を失わないようにと子供の名前に「光」と名付けたというエピソードもあります。

出典http://girlschannel.net/

出典http://girlschannel.net/

確かに宇多田さんは光の当たる場所が似合う、とても明るい女性に育っていますよね。母の愛を感じます。
ところで、お母さんの藤圭子さんと宇多田ヒカルさんはとても似ていますね。

Ws0000102

また、余談ながら、藤圭子さんの若い頃の画像を見ていると、女優の土屋太鳳さんにもよく似ているように感じます。

WS000013

髪型とか輪郭とかありますけど、やっぱり、似ていますよね。

メンヘラ?

さて、藤さんの突然の死去によって、生前の行動について様々な憶測や議論が出てきましたが、その中に彼女がメンヘラだったのではないかという声があります。
メンヘラとは2ちゃんで生まれたネットスラングです。簡単に説明すればこうなります。

1.誰かに愛情を向けてもらいたい、そんな自分が何より愛おしい
2.誰かに気を向いてもらうためになんでもする「かまってちゃん」行為がベースにある
3.自分という存在がそっぽを向かれるのを何より恐れるが、自分以外の他人がどうなっても知ったことなし
4.一言で言えば、「愛してくれないならここで死んでやる!」 ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/

藤さんは若くして音楽界でトップへ躍り出た事もあり、周りから注目される事が多かったと思います。

出典http://www.sponichi.co.jp/

出典http://www.sponichi.co.jp/

しかし,徐々にメディアは離れて行ったことに焦りを感じていたのではないでしょうか。
そう思うと、彼女の派手な行動や言動なども、夫や娘に限らず周りの人からもっと注目されたいという欲求が隠れていたのかもしれませんね。推測の域を出ませんが・・・。

夫と離婚を?

人気絶頂の1971年に、自身と同じ歌手の前川清さんと結婚をしていますが、実は前川さんを和田アキ子と取り合ったなんて話もあるようで、この件について未だに和田さんは諦めがついていないようで、ネットでも話題になりました。

2人の結婚生活もつかの間で、約一年で夫婦生活は終わってしまいました。
その後、藤さんは宇多田照實さんと再婚しており、娘として宇多田ヒカルさんを授かっています。

出典http://agency-inc.com/

出典http://agency-inc.com/

しかし、夫婦生活は当人にしかわからない不思議なものだったようで、なんと離婚と再婚を繰り返すというものでした。
同じ人と結婚や離婚を、そんなに出来るものなのかと思いましたが、調べてみたら、相手が同じ人であればすぐに再婚できることを知りました。これは初耳でした。

娘である宇多田さんは、両親の離婚、再婚についてはわけがわからないとコメントしていますが、これもまた、病気の影響があったのかもしれませんね。

現在は娘の宇多田ヒカルは?

宇多田ヒカルさんは、2010年より現在も芸能活動を休止しており、音楽活動は一切行っていないようです。
そして休止中には母親を亡くすという悲劇も襲ってきましたし、その件について執拗に追い回すマスコミにもうんざりしていたようです。

出典http://girlschannel.net/

出典http://girlschannel.net/

しかし、自身のホームページで2014年に幸せな画像と共に、ご自身が結婚をしたことを発表し、元気な姿を報告していた事に、彼女のファンは驚きと喜びを感じたことと思います。
また、2015年には元気な男の子を授かることになったり、その間にアルバムを作成しているなど、宇多田ヒカルさんの再出発は近いのかもしれません。

統合失調症の患者さんを家族に持つ方の苦労は、本当に苦しいものだと聞きます。
ある方のブログを拝見すると、この病気は、家庭崩壊を招く病気だと語っています。
その妄想や暴力、罵詈雑言と言った発言は、いかに病気のせいだからと思っても、家族の心が傷付かないことはないでしょう。
もし子供がいて小さければ、その子は何も理解できず、混乱の中育つことになるでしょう。

どんな病でも患者を支える家族は大変な思いをするものですが、統合失調症は家族の苦しみも深く、重たいものであることを知っておきたいと思います。
我々には何もできませんが、せめてこの病気に対する理解と、支える家族の苦しみには、寄り添えたらと思うのです。

藤圭子さんが何を感じて何を考えていたのか、今になっては知る方法はありませんが、彼女が歌ってきた歌は今も色褪せることはなく、現在でも、CDなどで今尚、ファンの心を掴み続けているのではないでしょうか。
そしてまた、その才能が宇多田ヒカルさんに引き継がれたことは、幸運なことでしたね。
最後に、末筆ですが、藤圭子さんのご冥福と魂の安らぎを、心からお祈りして記事を終わります。

参考サイト メンタルヘルスONLINE http://www.k4.dion.ne.jp/~care/tougou-inf.html
目と健康シリーズ特集:網膜色素変性症 http://www.skk-health.net/me/09/
ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%A9
すまいるナビゲーター http://www.smilenavigator.jp/soukyoku/life/report/eve04_01.html
統合失調症ナビ http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/chiryo/point.html
EyeLife http://www.eyelifemegane.jp/disease/disease2.php

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>