田中好子は乳がんで19年、病期やタイプや経緯は?温存?手術?抗がん剤でかつら?弟も難病で病名は?

Pocket



キャンディーズがトップアイドルとして大活躍していたのは1970年代。
そのメンバーだったスーちゃんこと田中好子さんは、キャンディーズ解散後、一時は普通の女の子に戻ったものの、2年後に芸能界に復帰。
その後は、女優として大活躍します。
多くの主演女優賞を獲得し、演技でもプロフェッショナルな姿を魅せてくれました。
プライベートでは1991年に結婚。しかし順調な日々は続かず、翌1992年に最初の乳がんが見つかりました・・・

田中好子は乳がんで19年、病期やタイプや経緯は?
温存?手術?抗がん剤でかつら?

スーちゃんのがんの話をする前に、もう少し彼女の話をしたいと思います。

出典http://ameblo.jp/

出典http://ameblo.jp/

スーちゃんこと田中好子さんが生まれたのは1956年4月8日。
キャンディーズとして芸能界にデビューしたのは1972年、スーちゃんは16歳でした。

出典http://purety.jp/

出典http://purety.jp/

最初は、スーちゃんがセンターで歌っていたんですよね。
実は我が家には白血病で亡くなった歳の離れた兄がいるのですが、スーちゃんの大ファンで、家には大小いくつものポスターが貼ってありました。

夫と略奪

さて、キャンディーズが解散した1978年は、スーちゃんは22歳になる数日前。
芸能界に復帰した時は、24歳でした。
その後は前述したように女優として活躍し、結婚したのは1991年。
スーちゃんは35歳でした。

出典http://blogs.yahoo.co.jp/

出典http://blogs.yahoo.co.jp/

結婚した相手はあの夏目雅子さんの実のお兄さんである小達一雄さん。

出典http://laughy.jp/

出典http://laughy.jp/

友人だった夏目雅子さんとの関係は、義理の姉になります。

出典http://toneri2672.blog.fc2.com/

出典http://toneri2672.blog.fc2.com/

ちなみに、夏目雅子さんの結婚した相手が伊集院静さんです。

出典http://www.tokyo-np.co.jp/

出典http://www.tokyo-np.co.jp/

夫になった小達さんの仕事は元プロゴルファーで現在は実業家とのこと。

実はこの結婚、略奪婚だったんですよね。
当時、小達さんの奥さんは妊娠中だったのだとか。
妻が妊娠中の夫の浮気というのはとても多いケースのようですが、その結果、小達さんの当時の奥さんは生まれたばかりの子供がいながら、離婚を余儀なくされたのだそうです。

ただ、小達さんは実はスーちゃんが3回目の結婚で、最初の奥さんと二度目の奥さんのケースも略奪婚だったということなので、この、夫の小達さんにはかなり問題ありだと思うのですが。

小達氏は田中好子さんとの結婚が3度目になります。前妻(2度目)が妊娠している間に田中好子さんと小達氏が急接近し、出産した前妻はこどもとともに家を追い出される形で離婚しています
実はこの2度目の奥さんと小達氏も不倫・略奪愛でした元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題 http://05448081.at.webry.info/201104/article_68.html

しかし、旦那の方はこれでもおさまらず、スーちゃんの闘病中の不倫、隠し子疑惑がスーちゃんの死後、報道されました。

21日に55歳で死去した女優の田中好子さんの夫の小達一雄氏(56)に、不倫と隠し子の疑惑が浮上した。今日26日発売の女性誌「週刊女性」が報じている。昨年7月14日に、成田空港で見かけられた小達さんと40代女性、小学生高学年の女の子の3人が、ハワイ旅行に旅立つ姿を撮影している。記事では、女の子が小達さんのことを「パパ~」と呼んでいたとしている。nikkansports.com 2011年4月26日掲載 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110426-766514.html

スーちゃんの死後、夫はこの時の相手と子供と、新生活を送っているそうです。

しかし、一雄氏にはスーちゃんに対して献身的な看病を行う姿も報じられており、妻亡き後、葬儀やその後の三回忌等の式典を執り行う姿も報道されました。

出典http://laughy.jp/

出典http://laughy.jp/

余談ながら夫が所属する宗教は創価学会ではないそうです。

南無妙法蓮華経は日蓮宗や日蓮正宗系のお題目だが、いろいろな宗派や信徒団体がある。田中好子さんの場合は淨風会といわれている。夏目雅子さんやその母親が淨風会の信者だったからである。
信者によると、淨風会は花を飾るというから辻褄が合う。田中好子さんと夫をめぐる宗教と不倫・隠し子報道 http://sengoshi.blog.so-net.ne.jp/tanakayoshikosantootto

葬儀ではカチンコを持って演出をしていたことも話題になりましたね。
こんな話題もありました。

最近の旦那による何冊もの手記 特番メディアへの露出 1周忌の数々のイベントは今がビジネスチャンスとの思いでしょうか?
妹(夏目雅子)の時と同様に今後も色々と仕掛けて来るでしょうがYahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1285939132

こんな旦那さんと生活をしながら、スーちゃんは闘病生活を続けていたのですね。

<スポンサーリンク>


さて、お待たせしましたがスーちゃんの乳がんについてお伝えしたいと思います。

田中好子は乳がんで19年

スーちゃんが乳がんを発症したのは、今お話ししたような結婚生活が始まってほんの1年目のことです。

出典http://laughy.jp/

出典http://laughy.jp/

最初の発見からそのまま再発まで何もなかったのではなく、この間、再発を繰り返していたそうです。
年に3~4回の検診を行いながら、周囲にも秘密のまま闘病生活を続けていました。
その年数は19年です。

病期やタイプや経緯は?

スーちゃんの乳がんの病期(ステージ)ですが、詳細は分かっていません。
また、タイプに関してもタイプ3ではないかと予想している方もいますが、親族など親しい方以外には公表されないことから、不明となっています。
ランちゃんもミキちゃんも、亡くなる三年前まで乳がんであることさえ知らなかったそうです。

出典http://blog.hangame.co.jp/

出典http://blog.hangame.co.jp/

経緯に関しては、先ほどお伝えしたように検診でがんの再発が見つかるたびに治療を行い、乳房温存治療でしのいできたようです。

温存?手術?抗がん剤でかつら?

乳がんでは乳房摘出手術の治療を行うこともありますが、スーちゃんの場合、乳房は温存して腫瘍のみ切除する治療を選択したようです。

手術で、左の乳房の腫瘍を切除する温存療法を選択しました。
その後も何度か再発をくり返すも、年に3~4回の検診を受けていたおかげで、いずれも早期発見でき、大事に至らずに済んでいたようです。右の乳房に転移した腫瘍も切除したそうですが、命に別状もなく、芸能活動を続けていらっしゃいました。田中好子さんの乳がん http://www.nyuugan-info.com/1.10.html

不妊治療?

実は、結婚後数年間、スーちゃんは不妊治療を行っていました。
1995年9月の女性セブンの記事によると、スーちゃんは都内にある病院に夫婦で通っていると旦那である小達さんが語っています。
子供を欲しがっていたスーちゃん。
結婚したのは35歳。すぐに妊娠しても高齢出産です。
旦那が長男で跡取りであったり、親友であるキャンディーズのメンバー、伊藤蘭ちゃんも藤村美樹ちゃんも結婚して子供を育てていますから、子供が欲しいという気持ちはよくわかります。

出典http://www.dougu.co.jp/

出典http://www.dougu.co.jp/

また、略奪した夫には前妻の子供がおりますし、もしかしたら負けず嫌いの性格のスーちゃんはどうしても子供が欲しかったのかもしれません。

そして、これは私の想像ですが、きっと生まれて来た赤ちゃんに母乳をあげたかったのだと思います。
自分の余命も気になっていたでしょうし、子供を生み、授乳し、おむつを替え、育てる。そんな、与えられている人にとっては普通の事をしたかったのかもしれません。

スーちゃんのがんの手術は腫瘍を摘出するというものでしたが、同時に抗がん剤治療も続けていました。

そんな田中さんが直面することになったのが、抗がん剤の副作用によって髪の毛が抜けていくことだった。NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20110428_19099.html

抗がん剤治療によって髪が抜けても、仕事を続けていたんですね。

出典http://www.hexa-pro.co.jp/

出典http://www.hexa-pro.co.jp/

がんを公表していなかったため、このかつらの件に対して夫の小達さんはこのように語ったそうです。

2003年2月、本誌は田中さんがかつら3 件を使用していたことを報じている。当時、夫の小達氏はこんなことを語っていた。
「いま、かつらを着用していることは事実ですよ。頭部にワッと湿疹ができまして、病院で診てもらったんですよ。(中略)それで仕事のことなどを考えて髪を切り、その代わりに、かつらにしようということになったわけですよ」同サイト

そんな風にごまかしごまかしやってきた闘病生活でしたが、とうとう、決定的な転移が起きてしまいます。

しかし、2010年10月に十二指腸潰瘍と診断されて入院し、2011年2月に退院。2週間ほど自宅療養したが、体調が悪化したため、同月中に再入院した。検査の結果、乳がんは肺や肝臓など多臓器に転移。4月20日までは意識もあった。元キャンディーズ・スーちゃん、急死 http://plaza.rakuten.co.jp/quogene/diary/201104220000/

別のサイトによると、十二指腸潰瘍の治療のために絶食をおこなったことで、免疫力が低下し再発したと言われています。

がんは全身に転移していました。

4月21日午後7時4分頃。国際医療福祉大学三田病院にて逝去されました。

スーちゃんは55歳になったばかりでした。若いですね。

出典http://www.47news.jp/

出典http://www.47news.jp/

命日は4月21日。

さて、このように長い闘病を行うことになったわけですが、スーちゃんのガンには遺伝的要素があると言われています。

弟も難病で病名は?

スーちゃんには弟さんがいました。
この話は、スーちゃんの死後、萩本欽一さんが語ったことです。
お名前は一夫さん。病名は難病の骨肉種。
骨のがんです。
萩本欽一さんのところに相談に行き、弟のために芸能界に復帰するもほんの1年後の1981年に、弟さんは亡くなりました。スーちゃんは25歳でした。
年齢は不明ですがその弟さんですので、おそらく、ガンの進行も早かったでしょうし、発症してからの期間も、短かったのではないでしょうか。

出典http://blogs.yahoo.co.jp/

出典http://blogs.yahoo.co.jp/

弟さんの死は、ご自身の体への気配りに繋がったのかもしれません。
そうでなくても、弟さんの病気がきっかけで芸能界に復帰したスーちゃん。
弟さんの短い命はしかし、スーちゃんのファンや共演者など、多くの人の中に生き続ける結果になったのではないでしょうか。

彼女が旅立った2011年4月21日は、東北の震災からひと月ほどのことです。
彼女の告別式での最後のメッセージはこの言葉です。

こんにちは、田中好子です。
きょうは3月29日、東日本大震災から2週間たちました。被災された皆様のことを思うと、心が破裂するような…、破裂するように痛み、ただただ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。
わたしも、一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。でもその時には、必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います。それが、わたしの務めと思っています。
きょう、お集まりいただいている皆様にお礼を伝えたくて、このテープを託します。
キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間、お世話になりました。幸せな幸せな人生でした。心の底から感謝してます。特に蘭さん、美樹さん、ありがとう。2人が大好きでした。映画にもっと出たかった。テレビでもっと演じたかった。もっともっと女優を続けたかった。
お礼の言葉をいつまでも、いつまでも皆様に伝えたいのですが、息苦しくなってきました。いつの日か、妹・夏目雅子のように、支えてくださった皆様に、社会に少しでも恩返しができるように復活したいと思ってます。カズさん、よろしくね。その日までさようなら。田中好子“いつもいっしょだよ”基金 http://www.tanakayoshiko.com/kikin/activity.php

初めの方で書きましたが、うちの兄はスーちゃんのファンでした。
キャンディーズのレコードは全てありましたし、雑誌もたくさんありました。
一大人気番組『8時だョ!全員集合』は当時一番の娯楽番組でした。
土曜日の夜8時が待ち遠しかった子供たちは大勢いました。

短い普通の女の子の時期を経て、芸能界に復帰したスーちゃんへの風当たりは強かったと聞きます。

しかし、そんな逆境をものともせず、女優として成功したスーちゃん。

あの頃の芸能界は、本物しか芸能人になれなかったし、本物しか生き残ってこれなかったと思います。今の一億総アイドル時代を思うと、格の違いを感じます。

出典http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

出典http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

かわいらしい服を着て歌って踊っていたアイドル時代、自分にこんな人生が待っているなんて、みじんも思っていなかったでしょう。
もしも違う人生があるけるとしたら、スーちゃんはどこの段階で違う道を選んだでしょうか。
それとも生まれ変わってもまた、同じ人生を歩くでしょうか?
そんなことを想いながら、5回目の命日が過ぎていきました。
最後になりましたが、田中好子さんのご冥福を心からお祈りします。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>