西城秀樹の脳梗塞は現在は?原因と後遺症は?病院は?動画は口パク?子供は息子?韓国の噂?

Pocket



歌手や俳優としても活躍をされている西城秀樹さん。
沢田研二さん等と並び、70年代を代表する歌手の1人でもあります。
昔は寺内貫太郎一家などで俳優として主演するなど幅広い活動をしていましたが、そんな彼を知らない人でもYMCAでお馴染みの「ヤングマン」という曲は知っている人は多いはずです。
最近では「傷だらけのローラ」のタイトルをオマージュした曲をゴールデンボンバーが発表したりと、それだけ彼が数多くのアーティストに影響を与えたと言っても良いのではないでしょうか。
このように他方面で活躍する西城さんですが、実は2度の脳梗塞によって歌手生命の危機を迎えており・・・

西城秀樹の脳梗塞は現在は?

西城秀樹さんとえいば先ほど紹介したYMCAや傷だらけのローラの他にも「ブーメランストリート」や「ブルースカイブルー」という多くの名曲を発表しています。
80年代に放送されていたカレーや西友のCMなどでもお馴染みですね。
今でもYouTubeで気軽に見ることが出来ますので、懐かしさを感じた方はぜひ動画を検索してみてください。

さて、西城さんは先ほどお伝えしたように2度の脳梗塞を経験しています。

1度目は2003年に韓国にディナーショーを行うために訪れていた際に発症しました。

しかし、彼は当日に症状がありながらも舞台に立ち、その後直ぐに日本に帰国して入院となったのです。

出典http://mainichi.jp/

出典http://mainichi.jp/

それからは約1ヶ月の入院とリハビリで無事に退院をすることが出来ましたが、声帯に損傷が出ていたため、構音障害を引き起こしており、歌手として活動が出来ないと感じた彼は引退を決意したそうです。

しかし、妻のゆっくり治そうと言う言葉を聞いて、闘病を続けながらも活動復帰を目指す事にしました。

こうした夫婦での支え合い、最近では市川海老蔵さんと小林麻央さん夫婦のケースでも力強い夫婦愛を感じることができますが、やはり病気の時は、家族の支えが一番の力になりますね。

こうして、西城さんもその後、見事復帰をし活動を再開しましたが、2011年に2度目の脳梗塞を発症

病気に対して真剣に向き合っていたからこそショックは大きく、突きつけられた現実に「死んでしまいたい」とまで思うほど精神的に追いつめられたそうです。

それでも懸命なリハビリを続け、現在では再びステージに上がり、病気前と遜色ない歌声を披露するまでに回復しています。
まるで不死鳥のような姿を見せてくれる西城秀樹さん。多くの人の希望の光です。
彼の完全復活の日も近いのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>


原因と後遺症は?病院は?

このように2度も脳梗塞を発病した西城さんですが、その原因や後遺症は何なのでしょうか?

まず脳梗塞という病気ですが、

脳梗塞とは、脳へ血液を送る血管(動脈)がつまるために起こる病気です。脳への血管がつまってしまいますと、その先の大切な脳細胞へ血液が流れなくなって、脳細胞が死んでしまい脳梗塞が起こることになります。脳梗塞をはじめ脳卒中は青天の霹靂(へきれき)のように突然に起こるのが最大の特徴です。
脳神経外科 山本クリニック http://www.yamamotoclinic.jp/dir7/

何の予備動作もなく襲ってくる病気ということですが、彼も起床後に違和感を憶えた事が脳梗塞だったのです。

出典http://www.kenko.gr.jp/

出典http://www.kenko.gr.jp/

このように突然発症してしまう恐ろしい病気なのですが、西城さんが発病してしまった原因は何処にあるのか? 病気を引き起こす原因として様々な理由があるので引用してみます。

脳梗塞の危険因子のうち重要なものには、高血圧、高脂血症(血液中のコレステロールが高い)、糖尿病、多血症(しばしば喫煙者にみられる)、心臓病(心房細動などの不整脈)などをあげることが出来ます。そんなことから脳梗塞も、いわゆる生活習慣病のひとつと言われます。
脳神経外科 山本クリニック http://www.yamamotoclinic.jp/dir7/

脳梗塞などの脳卒中は一般的に、前触れがない事が多く、突然に起こるという特徴があります。
ですから、普段から危険因子が無いかをチェックし、危険因子がある人は、食事療法や、運動療法、薬物療法などを行い危険因子を取り除く事が必要ですね。

西城さんの場合、当時は多忙によって食事なども不規則になっていたことでしょうし、極度のヘビースモーカーだった事も原因になっているのではないでしょうか。

また、もう一つの恐怖として後遺症があります。

彼は1度目に発病した際に声帯に損傷を負って構音障害になり、2度目では網膜症・白内障による視力低下や右半身の麻痺などの後遺症が残りました。
現在でも後遺症によって上手く体を扱えないようですので、リハビリ等を続けていると思われます。

そんな彼が検査と入院したのは慶應病院と言われています。

出典http://shinchiku.homes.co.jp/

出典http://shinchiku.homes.co.jp/

この病院では最新の医療法を取り入れたリハビリテーションを導入しているので、ここでの治療やリハビリを行ったのではないかと思います。

動画は口パク?

そんな彼に対して「口パクではないか?」という噂がネットで囁かれています。
今でも後遺症によって声や動きに制限があるところ、その歌声が完璧過ぎることから噂が流れたようです。

出典http://www.oricon.co.jp/

出典http://www.oricon.co.jp/

また、コンサートに駆けつけた報道陣でさえ疑問に思う程の歌声だったようで、本当に歌っているのかわからなかったのです。

しかし、スポニチの記者とのインタビューで生歌を披露した所、口パク疑惑が一気に晴れる程の歌声だったのです。
どうも普段通りに声を出すより、歌うように発声する方が声にハリが出ると西城さんが語っていますので、動画でもコンサートでも彼の生歌に間違いないでしょう。

子供は息子?

病気の彼を支え励ましてくれた嫁とは2001年に結婚しています。

出典http://livedoor.4.blogimg.jp/

出典http://livedoor.4.blogimg.jp/

子供は息子が2人と娘が1人の三人兄弟ですので、現在では横浜市青葉区にある自宅で家族5人で住んで居るのかもしれませんね。

あまり芸能人夫婦で子供の名前や画像を公表している方は少ないのですが、以前還暦にライブを行った際にインタビューを受けた事があります。
どの子もカッコよくて可愛いので、もしかしたら父親の後を追って芸能界入なんてこともあるかもしれませんね。

韓国の噂?

西城さんについて、実は在日ではないかと噂されています。
しかし、彼の本名は「木本龍雄」と言う名前で、出身は広島県の日本人です。

出典http://saisinnewssendou.blog.so-net.ne.jp/

出典http://saisinnewssendou.blog.so-net.ne.jp/

なぜ韓国の噂があるのかといいますと、彼の実家がパチンコ店を営んでいた事が原因のようです。
なぜパチンコ店が? と思いますが、パチンコを経営している9割が在日韓国人や朝鮮人と言われています。
その息子ですから両親は在日であり、西城さんも日本に帰化した韓国人という噂が出ているのです。

このように噂だけの要素が強いのですが、ネット上などでは多くの芸能人に在日ではないかと言う噂があります。
もしかしたら中には事実もあると思いますが、確信を得る物は少ないのではないかと思います。

多くの困難がありますが、今後の復活に注目が集まる西城秀樹さん。
今でも完全復活の為に懸命に頑張っていることでしょう。
年齢も61歳となりますので、無理せずにゆっくりと再び私達の目の前で歌ってくれることを願います。参考サイト 脳神経外科 山本クリニック http://www.yamamotoclinic.jp/dir7/

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>