平田実音の画像は現在もガリガリで痩せすぎだった?原因は肝不全?

Pocket



平田実音さんはNHKで放送されていた小中学生向けの番組『ひとりでできるもん!』で初代の舞ちゃんを演じていました。
彼女は2歳のときにはすでにモデルとしてデビューしており、1991年に『ひとりでできるもん!』で初代舞ちゃんに選ばれました。
番組を見ている子供たちと変わらない年齢の女の子が料理を作る姿や、クイズや音楽にのせて調理の手順を紹介するなどの演出によって、後にシリーズ化されるほどの人気作品となりました。
私も『ひとりでできるもん!』での平田さんの活躍を見ていましたので、彼女が楽しく料理や家事をする姿はしっかりとおぼえています。
そんな彼女を襲ってしまった病気や原因、そして引退前から引退後の姿はどういったものだったのでしょうか・・・

平田実音の画像は現在もガリガリで痩せすぎだった?

『ひとりでできるもん!』初代舞ちゃんを演じた平田実音(ひらたみお)さん。

出典http://arupakahaha.com/

出典http://arupakahaha.com/

元子役で1994年には第一シリーズが終了し、舞ちゃん役を卒業したのですが、1998年から98年に放送された同番組の第4シーズンでは、2代目まいちゃんである秋田きよ美さんに料理を教えてくれる舞お姉ちゃんとして出演しており、ふたたび作品に登場したことは驚きでした。

出典https://middle-edge.jp/

出典https://middle-edge.jp/

2000年のNHKの番組『みんなの広場だ!わんパーク』で番組進行をおこなうミーオとして出演したのも懐かしかったですね。
子供たちと一緒に歌や踊りなどをおこなう彼女の姿は、今でもYouTubeなどの動画サイトで見ることができます。

出典http://tsutaya.tsite.jp/

出典http://tsutaya.tsite.jp/

その他にも1993年に放映された映画『ゴジラvsメカゴジラ』、また、他多数のCMにも出演しており、そのほか手話の通訳やイベントなどの活動をおこなっていましたが、後に芸能界からは引退していたようです。

引退をした後の活動や生活についてはわかっていませんが、2016年8月5日に肝不全のため33歳でこの世を去ったというニュースは、ネットを中心に大きな話題となりました。

この早すぎるお別れに、舞ちゃんやミーオを知っている世代の方は大きなショックを受けたことだと思います。

画像は?痩せすぎ?

そんな平田さんについて、2013年頃の彼女の体型についての話題がネットで広まったことがありました。

当時のテレビに映る平田さんの姿について、病気などによって体重が落ちたような体型になっていたのです。

この噂が流れた切っ掛けとなる画像を見てみましたが、確かに痩せ方がダイエットなどとは違ったようで、痩せすぎに思えます。
特に腕など、折れてしまいそうです。

出典http://arupakahaha.com/

出典http://arupakahaha.com/

しかし、この噂の発端となった画像なのですが実は現在の彼女ではなく、2000年の画像だったのです。

なのでネットで激やせとかガリガリと言われている彼女の姿は、当時から13年も前のものだったということになります。

ではなぜこの画像や映像が13年後に取り上げられたのか。
それは当時『わんパーク』が再放送をしていたというのが原因のといわれています。

再放送で映る平田さんの姿を見た方が、13年にネットを通じて体調や病気を心配してしまったために時代を超えて広まってしまったと考えられます。

出典http://hot-fashion.click/

出典http://hot-fashion.click/

では現在はどうなっていたのか?撮影時期は不明とされていますが、ファミリーイベントでの姿とされる画像があります。
こちらの平田さんは2000年とは違い、健康的な女性の姿に写っています。
こちらの方が、現在の平田さんに一番近い姿となっています。

<スポンサーリンク> 

原因は肝不全?

平田さんが死去となる原因となった病気は肝不全といわれていますが、この病気はどんな症状がでるのでしょうか。

この肝不全とは、ウイルス性肝炎や肝硬変によって肝臓の働きが低下した状態のことをいいます。
そして症状として疲労や脱力感、黄疸や吐き気等が表れます。

また、急性肝不全と慢性肝不全という2種類のパターンがあり、どちらかによって余命や病気の進行速度が変わってくるそうです。

その他にはガンによって肝不全になる場合もあるなど、さまざまな病気を誘発する可能性もあります。

拒食症?アルコールも?

さて、平田さんが肝不全で亡くなった原因の中に拒食症とお酒が関係しているという話があります。

まずは拒食症ですが、これは過度の食事制限やダイエットを繰り返すことで食べ物を受け付けない体になってしまう病気です。

先程も書いたように2000年の姿が痩せすぎていたことで、彼女は拒食症を患っており、それが肝臓に負担をかけたことが肝不全の原因ではないかと言われているようです。

またお酒などのアルコールの飲み過ぎも肝不全になる原因となっています。
これについては彼女がお酒を飲んでいたのかはわかりませんので、原因と考えるのは難しいのではないでしょうか。

確かに画像ではとても痩せていましたが、体調不良で入退院を繰り返していたといわれていましたので、闘病による体重の減退だったということも考えられます。
本当のことがわかるのは彼女の家族や親しい人物だけなのかもしれませんね。

デマ?

平田実音さんが亡くなったというニュースについて、情報の発信をおこなったのは、彼女がかつて一緒に番組を制作した事務所ゲンプランニングの加藤元さんという方でした。

彼がフェイスブックに平田さんの訃報を投稿したことで発覚し、その後に新聞やネットニュースで取り上げられています。

当初は情報が加藤さんのフェイスブック以外にはなく、彼女の死はデマなのではないかといわれました。

しかし、9月1日に正式に報道されたことで、平田さんの死去は事実であったことが判明しました。

ゲンプランニングの加藤元さんの書き込みは、胸を打つメッセージでした。

いまから16年前に、子供たちに生でバンドの音を聴いてディスコみたいに踊れる番組を企画制作した、NHK教育テレビジョン『みんなの広場だ!わんパーク』のメインキャラクターを務めた、ミーオこと平田実音さんが肝不全で亡くなったと連絡があった。33歳だった。一人でできるもんの初代舞ちゃんとしてNHKデビューをし、歌って踊れる子供たちのアイドルとして起用された。当日ブルーやピンクの髪をしたコスプレは現在の初音ミクやキャリーぱみゅぱみゅやアニメのアイデアの元になったとも言われている。
すでに芸能界は引退していたので芸能欄やスポーツ紙で扱われることも無いが私の夢を叶えてくれた、子供たちのアイドルの冥福を祈りたい。加藤元フェイスブック  https://www.facebook.com/gen.kato.587/posts/1294249477254923

この短い文章だけで、平田さんの子供番組への功績がよくわかる気がします。
病気を抱えながらもとっても魅力的だった平田さん。

出典http://www.asahi.com/

出典http://www.asahi.com/

プライベートでは夫や子供はいたのでしょうか?

結婚と子供は?

平田さんはすでに芸能界を引退していたということもあり、病気や私生活の具体的な内容については、多くの事が不明となっています。

父や母といった家族からも結婚や恋愛についての情報もないことから、2chなどでは情報が乱立し今でも多くのスレッドがたてられています。

しかし、平田さんは闘病のため結婚はしておらず、そのため子供もいなかったのではないかというのが多くの見解です。

きっと、もし子供を生んでいたら一緒に歌って踊って料理をしてくれる、とても素敵なお母さんになっていたことと思います。

3代目の舞ちゃんを演じた伊倉愛美さんも自身のブログで、彼女との思い出を語っています。

出典http://ameblo.jp/

出典http://ameblo.jp/

まるで本当の姉のように接してくれた彼女がいたからこそ自分は舞ちゃんとしてがんばれたと投稿しており、その文章には平田さんに対する思いがたくさん詰まっています。

葬儀やお別れ会などは関係者だけでおこなわれたようで、ブログを読んでみると伊倉さんも出席していたようですので、もしかしたら歴代の出演者も主席したのではないでしょうか。

平田さんが出演した『ひとりでできるもん!』は形を変えて2005年まで放送され、その後も『味楽る!ミミカ』や『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』といった子供向け食育番組として続けられています。

出典https://middle-edge.jp/

出典https://middle-edge.jp/

現在でも『すすめ!キッチン戦隊クックルン』が放送されており、今でも子供たちに人気の番組となっています。

芸能界を引退していたとはいえ、年齢的にもまだまだこれからだったと思うと彼女の若すぎる死去は本当に残念でなりません。
しかし、彼女がいたからこそ料理や家事に興味をもった子供たちもいます。
本当に残念ではありますが、彼女の作り上げた作品はこれからもずっと残っていくものだと信じています
末筆となりましたが、平田実音さんのご冥福を、心から祈っています。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>