尾崎豊は死因の肺水腫で目が?息子と嫁の現在は?斉藤由貴と?遺書の全文が2chで?

Pocket



80年代に当時の若者達から圧倒的人気のあったシンガー・ソングライターの尾崎豊さん。
彼の若さゆえの叫びを歌った『15の夜』や『卒業』など、その歌詞のもつ意味に触れて自分の境遇と重ね合わせたファンの方も多かったと思います。

また『I love you』や『oh My LITTLE GIRL』などのバラード曲も発表しており、しっとりとした歌声に魅了された方もいたのではないでしょうか。

ミュージシャンとして活動中、一時期ではありますが活動を休止するなどファンを驚かせましたが、レコード会社の移籍や結婚といった環境の変化が彼を再びステージへと駆り立てていました。

その後はツアーやアルバム『誕生』などを発表したりと、完全に復活をした尾崎さんの歌声はこれからも人々の心を魅了していくことだと誰もが信じていました。

しかし、1992年4月に26歳という若さで突然の死去が訪れるという、あまりにも残酷で冷たい現実が起こったのです。
この死には多くのファンや著名人が涙を流し、現実を受け止められなかったことでしょう。

カリスマ的存在であり、多くの人を魅了し続けた尾崎豊さんの生活や家族、そして死因について少しずつ紐解いていきます・・・

尾崎豊は死因の肺水腫で目が?

1965年11月29日に東京都練馬区で生まれた尾崎豊さん。

出典 http://matome.naver.jp/

出典 http://matome.naver.jp/

最初のアルバムである『十七歳の地図』は、売り上げが数字的には伸び悩んだものの、後に発表した『卒業』の歌詞にあるように社会に反発する若者を描いたことで『若者のカリスマ』と呼ばれ彼の名前は全国へと広まっていったのです。

出典 http://matome.naver.jp

出典 http://matome.naver.jp

当時は彼の歌詞に触発されて、本当にバイクを盗んだりガラスを割った人が続出したそうですが、それほど彼の歌に込められた力というのが凄かったということがわかりますね。

死因の肺水腫

彼の死因については今でも多くの疑惑があったりネットでも議論がされたりと不明な点が多くあるのですが、死因となったのは肺水腫という病気でした。

この肺水腫という病気はこのような病気です。

肺水腫とは、血液の液体成分が血管の外へ滲み出した状態をいいます。肺内で液体成分がたまるため肺のガス交換が障害されて、低酸素血症となり、呼吸困難が現れます。gooヘルスケア http://health.goo.ne.jp/medical/10780400

肺には毛細血管があり、その血管にある小さな穴が血液に含まれる水分を出すことによって栄養や酸素を補給したり老廃物を回収したりしています。

普通は出る量と戻る量は釣り合っているのですが、このバランスが崩れて気管支などに水が溜まってしまう状態が肺水腫になるのです。

症状としては呼吸困難や泡沫痰などが表れ、病状が進むにつれてショック状態におちいることもあります。

尾崎さんの死因について、正式には薬物の過剰摂取が原因で引き起こされた中毒による肺水腫と発表されています。

また、薬物のほかにもアルコール中毒に近い状態だったといわれていますので、彼の体はいつ病気になってもおかしくない状態だったのではないでしょうか。

死因と尾崎さんの状態

さて、死因については正式には肺水腫と発表されていますが、実は、彼の死については本当の原因に関してさまざまな推測や噂が流れています。

出典 http://matome.naver.jp

出典 http://matome.naver.jp

まずは発見された場所や状態について。

※ちなみに、画像については彼の死因について検索をすると出てきますが、あまりにも変わり果てた姿の彼が映し出されますので閲覧をする際には十分注意をして下さい。

彼が見つかった場所は自宅から離れた民家の軒先であり、そのときには衣服は着ておらず裸だったそうです。

また、当時の写真があるのですが、遺体には無数の傷跡もあり目は大きく腫れ上がり黒いアザのようなものも見て取れます。

先程も少し触れていますが、薬物に手を出していたといわれている尾崎さん。
服を脱いでいたのは薬物によって体温が上がり、暑くて服を脱いだのではとされています。

また、傷や目のについても地面を転がりまわって傷つけたり、地面に顔を打ち付けたりしたことが原因といわれています。

中には集団リンチによって暴行を受け、無理やり薬物を打たれたりした後に死亡したという他殺という噂もありますし、自分が犯人であると名乗った人物もいました。

それほどまでに、彼の遺体には損傷があったということです。

しかし未だに真相は闇の中です。

あまりにも不自然なことが多かったため尾崎さんのファンが署名活動をおこない、再度警察へ調査をお願いしたのですが、警察は署名を受け取らず捜査が行われる事はありませんでした。
警察の方では、本当の原因や死因は把握していたのかもしれません。
彼の信奉者への影響を考えて、報道規制のようなものがあったのかもしれませんね。

出典 http://p.twipple.jp

出典 http://p.twipple.jp

2016年現在でも彼の死について事実を求める人が多くいます。
しかし、どれが事実であり嘘なのかは判明していません。

ファンとしては事実を知って受け入れたいところではあると思いますが、この先も事実が明るみに出ることはないのかもしれませんね。

<スポンサーリンク> 

息子と嫁の現在は?

尾崎さんは20代前後から自身の音楽がわからなくなり迷走する時期があったらしいのですが、22歳のときにプライベートで結婚をしています。

出典 http://newsmatomedia.com

出典 http://newsmatomedia.com

結婚相手は一般女性である繁美さんという女性でした。

そして妻との間には子供も誕生し、こういった生活の変化から音楽の方向性を新たに見つけ再びステージへと帰ってきたのです。

そんな彼の長男は尾崎裕哉(おざき ひろや)さんといい、今は成長して父と同じくシンガー・ソングライターとして活躍をしています。

出典 http://matome.naver.jp

出典 http://matome.naver.jp

どこかお父さんに雰囲気が似ています。
テレビで父親の歌を歌っている取材を見たことがあるのですが、最近Mステで彼自身の歌である『始まりの街』を披露していましたね。

子供のころは?

裕哉さんが2歳のときに父親が亡くなり、その後は母親とともにニューヨークで生活をしていました。
これは尾崎さんの死去に関するマスコミへの対応などがあり、大変な思いをした繁美さんは子供を守る意味も込めてアメリカへ移住したのかもしれませんね。

実は裕哉さんは、自分が尾崎豊さんの子供だということは知らされていなかったのですが、ネットの情報を見たことで彼の息子だと知ったというエピソードを『金スマ』などで語っていました。

歌を披露

そんな彼が『僕が僕であるために』を披露し、その歌声が話題になったのはテレビではなく、2012年に開催された『尾崎豊特別展』で、取材陣のみが聞くことができたそうです。

出典 http://newsmatomedia.com

出典 http://newsmatomedia.com

その後2016年に息子さんは『音楽の日』やMステに出演して父の名曲である『I LOVE YOU』を歌い、その歌声は数多くの人を魅了した父親である尾崎さんを思い出させる声でした。

モノマネをされることが多い尾崎豊さんですが、どれだけモノマネの技術が高くても、これ以上に尾崎豊を違和感なく表現できる人物は他にはいないと思わせるものでした。
この様子はYouTubeなどで見ることができるようですので、尾崎さんのファンは必見です。

嫁の現在は?

尾崎さんの嫁である繁美さんについては、現在どのような生活をしているかわかりません。

過去には嫁が創価学会の信者だったため、夫の実家と遺産相続でもめたなどの噂もありましたし、夫の死因についてマスコミから追いかけられたこともありました。

こういったこともありましたので、今後も繁美さんがメディアなどの表舞台に立つことはないと考えられますね。

斉藤由貴と?

これまでお伝えしたように結婚や子供にも恵まれた尾崎さんですが、雑誌の対談で共演した斉藤由貴さんとの不倫交際が発覚していますね。

出典 http://laughy.jp

出典 http://laughy.jp

互いに自分の感性をしっかりと持っている同士で、それが惹かれる理由だったそうです。

有名な所では斉藤由貴さんと小樽でデートをしている現場を写真に撮られ、更には動画まで公開されるなど秘密の関係は一気に明るみへと出てしまいました。

出典 http://newsmatomedia.com

出典 http://newsmatomedia.com

この関係について斉藤さんが会見で放った『同士』という言葉が印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

不倫がきっかけで繁美さんとは離婚調停までおこなったようなのですが、最終的には尾崎さんが斉藤さんに別れを告げるといった形で2人の関係は最後を迎えています。

不倫交際ではあったものの、お似合いカップルだったことでも有名でした。
もし出会いが早ければ結ばれていた恋なのかもしれませんね。

遺書の全文が2chで?

尾崎さんのバックの中からは遺書が見つかっています。

その遺書には死んでしまいたいという彼の悲痛な叫びが綴られていました。
そして彼が亡くなってから約1ヶ月後、もう一つの遺書が発見されたのです。
そちらには妻や子供についての思いが綴られています。

出典 http://newsmatomedia.com

出典 http://newsmatomedia.com

そしてその遺書の全文を文芸春秋という雑誌が公開したことはあまりにも有名です。

この遺書の公開について匿名掲示板である2ちゃんねるではスレッドが立てられ、さまざまな書き込みがおこなわれています。

そんな尾崎豊さんの遺書が2chで取り上げられていますが、2chの投稿者の書き込みでは、尾崎さんの遺書はどれも捏造ではないかと書かれていたり、彼の死因が明らかになっていなのと同じように、これが本当に遺書なのか論議されています。

また、尾崎さんの実の父親も遺書に対して本当に息子が書いたのかという記者会見もおこなっているので、ますますこの文章が本物なのかどうかわからなくなりました。

文芸春秋では遺書として公開されましたが、結局のところこの遺書を本当に尾崎さんが書いたのかは明らかになりませんでした。

もし本当に書いているのなら彼の精神がどれほど追い込まれていたのかが見えますし、もし捏造であれば誰かが何か秘密を隠すために準備したものかもしれません。

彼の死については今後も明かされない秘密や事実がありそうですね。

葬儀とお墓は?

尾崎豊さんの葬儀には最期の別れを告げるために約4万人というファンが駆けつけ、これだけ多くの人に愛されていたことがわかります。

お墓は埼玉県所沢市にある狭山湖畔霊園にあり、彼の命日には今でも訪れる方がたくさんいます。

出典 http://matome.naver.jp

出典 http://matome.naver.jp

また、彼の死後もファンを続ける人もいますし、その楽曲をカバーする歌手の方も多いです。

最近では堂本剛さんが『I LOVE YOU』を番組で熱唱していましたし、成宮寛貴さんが尾崎豊役としてドラマが放送されたりとその人気は続いています。

尾崎さんに憧れた人の中には『ダンスホール』や『米軍キャンプ』そして『ドーナツショップ』などのギターコードを使って歌ったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

出典 http://matome.naver.jp

出典 http://matome.naver.jp

今はもうその歌声を生で聞くことは叶わぬ願いではありますが、『1986』や『クッキー』などの名曲はベストCDやYouTubeなどの動画サイトで見ることができます。

若くしてこの世を去った若者のカリスマである尾崎豊さん。
彼という存在は消えてしまいましたが、残された名曲や魂を継ぐ子供やファンがいます。
これからも人々の意識に住むカリスマとして、その伝説は語り継がれていくことでしょう。
末筆になりましたが、尾崎豊さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>