仲村トオルの嫁の鷲尾いさ子の病気は何?現在の画像は?病名はパーキンソン?子供は?

Pocket



俳優やタレントとして今活躍中の仲村トオルさん。
その演技力は男性を中心に人気があるのですが、時折バライティなどで見せる素顔が女性にも注目され今では男女問わず仲村さんのファンだと公言する人が増えたというエピソードがあります。
そして彼の奥さんは女優の鷲尾いさ子さんです。
結婚前はモデルやドラマへの出演などをしていましたが、出産や子育てのためにテレビで見ることが少なくなっていきました。
そんな芸能界では美男美女カップルとまでいわれている2人ですが、2013年に妻が病気に侵されていることが判明しました。
愛する妻を襲った難病とは何なのか、そしてそれを支える旦那や子供について紐解いていきましょう・・・

仲村トオルの嫁の鷲尾いさ子の病気は何?

東京で生まれてから幼い頃から大阪、神奈川、千葉と育つ環境が変わったという生い立ちを持つ仲村トオルさん。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

最近では永作博美さんと主演の『週末婚』や小泉今日子さんと共演した『恋を何年休んでますか』などに出演をしていましたね。

彼は『ビーバップハイスクール』では『トオル』と役名でデビューをしており、中山美穂さんや清水宏次朗さんとともに若者を中心に人気となりました。
そういえば『あぶない刑事』もトオルでしたね。

ドラマ『アナザーフェイス』での刑事役や上記のような不良や医者といった硬い役が多いのですが、北川景子さん主演の作品である『家売るオンナ』ではちょっと抜けた上司役などを見事に演じきるなど、その幅広い演技はネットなどでも注目されています。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

プライベートではバチスタで共演した伊藤淳史さんと仲良しコンビといわれるほどで、伊藤さんが俳優として悩んだときには助言を出すなど公私共に支えたというエピソードがあるようです。

仕事だけではなくプライベートや海猿のNGといった失敗までもが面白いといわれている仲村さん。
それでも素敵な演技を見せる姿には、まさに実力派俳優といっても過言ではないでしょう。

妻の鷲尾いさ子について

1983年に雑誌のモデルとして表紙を飾っていた鷲尾いさ子さん。

出典 http://pinky-media.jp

出典 http://pinky-media.jp

当時高校生だった彼女は、出身地の新潟にある実家から仕事の時だけ上京するといったハードスケジュールをこなしていたそうです。

彼女が注目されたのは平成元年に放送された『鉄骨飲料』のcmで、鷲尾さんのコミカルなダンスと音楽が大ブレイク。
その後はドラマや映画などに出演する女優として活躍することとなりました。

馴れ初めは?

そんな仲村さんと妻である鷲尾いさ子さんとの馴れ初めは『俺たちルーキーコップ』という作品で共演したのがきっかけでした。

出典 http://pinky-media.jp

出典 http://pinky-media.jp

作中では相手役として鷲尾さんは出演していましたが、まさか本当に仲村さんの交際相手になるとは誰も思っていいなかったことでしょう。

もちろん二人とも人気のある俳優・女優でしたので周囲に悟られないように交際を続け、1995年に晴れて結婚をすることとなったのです。

その様子は結婚会見という形で発表され、会見では隠し続けていた交際を明らかにして結婚というゴールインができたという思いに鷲尾さんが涙を浮かべるシーンもありました。

出典 http://newsmatomedia.com

出典 http://newsmatomedia.com

ちなみに結婚会見の動画や夫婦共演をしたcmがYouTubeなどの動画サイトにあるようなので、気になる方は検索してみてはいかがでしょうか?

何年たってもお互いへの愛情は変わらない仲村さんと鷲尾さんですが、冒頭にも書いたのですが2013年に奥さんが難病と闘っているという報道がありました。

鷲尾いさ子の病気は何?

実は鷲尾さんの病気は、詳しい病名や病状について公式に発表をされていませんし、原因不明の病気ということしかわかっていません。

専門家の話によると50~60代の方に多い病気ではあるものの、若い方でも発症することのある病気でもあるとのこと。

出典 http://pinky-media.jp

出典 http://pinky-media.jp

また、病状が進むに連れて歩くことが困難になったり、会話などにも支障がでるケースがあるといわれています。

そして一番の問題は完治することが非常に難しい病気だということです。
もちろん薬やリハビリといった治療を続けることで症状を抑えることが可能なのですが、完全に病気を治すことは難しいとされています。

イメージ画像

イメージ画像

このように専門家の説明からも重病だということが伝わってくるのですが、先ほども述べたように、病気の名前ははっきりとわかりません。

2chなどのネットメディアでは『この病気は何?』ということで、彼女のように四肢(両手両足)の機能に障害がでる病気の名前がいくつかでているようです。
詳しくは後程、解説したいと思います。

<スポンサーリンク>
 

現在の画像は?

こういった難病のため1人での外出などは難しく、家事や外に出るときには夫の手を借りているといわれている鷲尾さん。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

以前は自宅の手入れや買い物に行く姿も見られたようですが、上記の病気になってからは仲村さんが代わりにおこなっているようです。
まだ病気を発症したことが公表されていなかったこともあり、2人は離婚をしたと勘違いした人もいたとか。

そんな献身的なサポートで妻を支える仲村さんですが、やはり鷲尾さんの現在の姿が気になるところです。

しかし、現在の彼女がわかる画像はありませんでした。

やはり特殊な病気であることなどが理由で最近の写真などがないのだと思います。
しかし、画像など現在の状況を知るものはないのですが、母親だけの学校行事などがある場合でも夫婦一緒に参加する姿を見た方がいるそうです。

出典 http://pinky-media.jp

出典 http://pinky-media.jp

今でも自宅で療養をしていると思われる鷲尾さんは自分を支えてくれる夫や家族、そして知人などには心から感謝をしているといわれています。

現在の画像はありませんが、そういった思いを感じながらきっと元気で前向きに病気と闘っていることでしょう。

病名はパーキンソン?

仲村トオルさんも所属事務所も病名は明かしていないのですが、2ちゃんやSNSなどでは鷲尾さんの症状に当てはまる病気についていろいろな憶測や病名をあげています。

いくつか『この病気ではないか?』といわれているものがあるのですが、特に症状が似ているものとして以下の病気があげられます。

まずはパーキンソン病です。
症状としては、

片側の症状から始まり、他の部分へ進行する特徴があります。その他に、便秘や立ちくらみ(起立性低血圧)などの自律神経症状、睡眠障害、気持ちがふさぎこむ(抑うつ)などの精神症状が認められます。具体的には、じっとしている時に片側の手や足がふるえる(安静時振戦)、表情が乏しく抑揚の無い声になる、関節が硬く引っ掛かりを持つ(歯車様固縮)、立ち姿が少し前屈みで歩き方が小刻みである、歩く際に手を振らない、歩き始めや途中ですくむと次の一歩がなかなか出ない、すくんでも音や線をまたぐなどをきっかけに良くなる、身体がどちらかに傾く、字が小さくなる、等が運動症状として代表的です。精神症状には、気持ちの落ち込み、意欲、自発性の低下、夜間の不眠、認知の問題が知られています。自律神経症状には、よだれが多くなる、顔が脂ぎってくる、トイレが近くなる、汗が多くなる、インポテンツ、手足のむくみ、などの訴えが挙げられます。また、身体の痛みが起こる事もあります。
出典:東海大学医学部脳神経外科http://neurosurgery.med.u-tokai.ac.jp/edemiru/par/other.html

このパーキンソン病は原因が不明とされる病気で、ドーパミンが正常な量から約20%を下回ると病気が発生するといわれています。

主に40~50歳を過ぎたころから症状が出て来るようですが、彼女の様に若い年齢で発病することもあるようです。

次に考えられるのは筋萎縮性側索硬化症(ALS)です。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけます。その結果、脳から「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。その一方で、体の感覚、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通です。
出典:難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/52

この病気も発病する条件がいろいろとあるのですが、どのようなことがきっかけで発病するのかわかっていません。

このALSという病気は60~70歳台での発症が中心で、女性よりも男性が発病する確率が高いとされています。

その他にもギランバレー症候群や膠原病ともいわれているようですが、どの病気でも関係するのが四肢(両手両足など)を動かしたりする運動能力が低下してしまう病気ということです。

そしてどれも完治をすることが困難であり、苦しい闘病生活を覚悟しなければならないということです。

出典 http://pinky-media.jp

出典 http://pinky-media.jp

治療には多くの時間が必要だと思いますが夫や家族の支えを受けながら、そして鷲尾さんも年齢的にもまだ若いのでゆっくりと確実に治療をしてもらえればと思います。

そういえば彼女の病気について『ビックル病』というキーワードが出てきますが、この病気はこの世に存在しないでたらめなものですのでご注意下さい。

子供は?

結婚をして子供にも恵まれた仲村さんと鷲尾さんには1999年に長女、2004年には次女が誕生しています。

生まれた年から計算すると姉妹の年齢は長女は17歳で、次女は12歳になると思われます。
そして気になる名前や画像なのですが、残念ながら一般人ということもあり公開はされていませんでした。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

しかし、仲村さんもイケメンですし母親の鷲尾さんも美しい方ですので、両親に似て美しい女性に育ったのではないかと考えられますね。

そういえば息子さんがいるのではないかといわれていますが、これは夫婦で出演したCMに男の子が出ていたことで生まれた誤解のようです。

そんな娘さんが通う学校については情報が出ており、東京都渋谷区広尾にある東京女学館という学校だといわれています。

出典 https://laughy.jp

出典 https://laughy.jp

この学校はお嬢様学校として知られており、女優の夏目雅子さんや元宝塚歌劇団の久世星佳さんといった芸能人の最終学歴としても有名です。
また、小学校・中学校・高校・大学と東京女学館は一貫校ということですので、姉妹とも同じ学校に通っているとも噂されています。

数多くの芸能人が卒業をしている東京女学館に在籍していますので、2人の娘さんも卒業後は芸能界デビュー!? なんてこともあるかもしれませんね。

以前はそれなりに仕事をセーブしていたという仲村さんですが、最近では連続ドラマなどへの出演が増えたのも、大きく成長した娘さんたちのサポートがあったからこそだと思います。

母親が原因不明の難病ということで大変なこともあったと思いますが、それでも親のサポートができるということは普通の家族よりも強い絆がそこにはあるのかもしれませんね。

最後に

家族や知人のサポートもあり、連続ドラマや北村一輝さんと共演した『黴菌』やシェイクスピアの『オセロ』などの舞台などの作品で活躍をしている仲村トオルさん。
そんな多忙であっても妻や娘への愛情を忘れないというのは、生半可な覚悟ではできないことです。
そして難病でありながらも家族の支えで病気と闘う鷲尾いさ子さん。
彼女もまた夫や家族に対して強い感謝を持ってるのではないかと思います。
仲村さんのこれからの活躍には期待しますし、鷲尾さんの病気が少しでも回復することを心より祈りたいと思います。
参考サイト 東海大学医学部脳神経外科 http://neurosurgery.med.u-tokai.ac.jp/edemiru/par/
難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/52

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>