ドリカムの吉田美和の夫は?急死で?再婚した母が?子供は?発達障害?

Pocket



DREAMS COME TRUEのボーカルを務め、多くのファンから支持されている吉田美和さん。
彼女の歌が注目されるのは単に技術があるだけではなく、吉田さんが実際に体験したり身の回りに起こった出来事を歌詞にすることで、より深く聞く人の心に響き渡るからではないでしょうか。
そんな魅力ある歌手として人気の吉田さんですが、私生活では愛する人との結婚や死別、そして再婚といった経験をされています・・・

ドリカムの吉田美和の夫は?急死で?

北海道出身で1988年からドリカムのボーカルとして活躍している吉田美和さん。

出典 https://laughy.jp

出典 https://laughy.jp

彼女は学生時代から音楽への道へと進んでおり、当時から自作曲やバンドといった活動をしていました。
そういえば生い立ちを語ることから始まった中村さんとの対談で、実は小学生の頃から作曲をしていたということを語ってました。

小さなころから音楽の才能に目覚めていたというこの事実には、きっと中村正人さんも凄く驚いたことでしょうね。

ちなみに吉田さんの最終学歴である帯広柏葉高等学校の卒業生には、同じくシンガソングライターとして活躍されている中島みゆきさんがいるそうです。

卒業後にバックコーラスなどをしていた吉田さんは、後に大切な仲間となる中村正人さんと出会い、彼女の天才的な才能を感じた中村さんとともに『DREAMS COME TRUE』を結成したのです。

出典 https://laughy.jp

出典 https://laughy.jp

その後は皆さんが知っての通り人気となったドリカムですが、そんな活躍の中で吉田さんは1人の男性と出会いました。

夫が急死で歌?

吉田美和さんは映像ディレクターとして活躍をされていた末田健さんと2004年に結婚をしていますが、2人の出会いはミュージックビデオの撮影で知り合ったといわれています。

ディレクターという仕事ですので夫の画像を探したところ、何度かイベントなどに出ていたのか画像が見つかりました。

出典 http://topicks.jp

出典 http://topicks.jp

写真だけでは判断は出来ませんが、どこか優しい雰囲気のある素敵な男性だと感じますね。

さて、ミュージシャンとスタッフという作品を作るもの同士で惹かれあうというのは良く聞く話ですが、当時、実は彼には妻とお子さんがいたのです。

彼女は彼のことを独身であると思っていたのですが、後に週刊誌などの報道で既婚者と知って大きなショックを受けたといわれています。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

それでも2人は関係を持ち続け、離婚が決まった2003年に吉田さんと末田さんは結婚をすることになりました。

結婚といっても正式な手続きをせずにいることを選んだということで、事実婚という形で生活することになりました。

しかし、この結婚については批判的な声も多く、不倫や元妻から夫を奪った略奪婚などといった厳しい意見や、彼女の性格についての厳しい意見もあったようです。

それでも2人は愛を育み、事実婚ではあったものの幸せな夫婦として生活をしていました。

そんな生活がいつまでも続くと思われたのですが、2007年に突然の別れがやってきます。

それは夫である末田さんの急死という出来事でした。

出典http://www.drillspin.com/

出典http://www.drillspin.com/

2007年のツアー中に体調不良で検査を受けた末田さん。
検査の結果『胚細胞腫瘍』という病気が発見されたのです。

この胚細胞腫瘍という病気ですが、以下のように説明されています。

胚細胞腫瘍は、生殖器(精巣・卵巣)と体の中心線に沿った部分、胸の中(縦隔)、お腹の中(後腹膜、仙骨部)、脳(松果体、神経下垂体部)などに発生しやすい悪性腫瘍の1つです。そのため、分類としても性腺原発(精巣や卵巣)と、性腺外原発(後腹膜、縦隔、松果体など)の2つに分かれます。胚細胞腫瘍由来の細胞としては、赤ちゃんの時期(胎生期)にいろいろな内臓に分化することができる能力を持った原始胚細胞という細胞が悪性腫瘍になったものと考えられています。好発年齢は10-30歳代です。小児の時期に発生する場合には、半数は生殖器以外の部位から発生しますが、青年期に発生する場合には生殖器・特に男性の精巣発生が9割以上を占めています。男性の胚細胞腫瘍は年間10万人あたり1-3人程度の発生と報告されていて、比較的まれな腫瘍です。胚細胞腫瘍は遠隔転移があっても根治が期待できる腫瘍の1つですので、進行期であっても適切に治療を行うことが非常に重要です。出典:希少がんセンター http://www.ncc.go.jp/jp/rcc/01_about/germ_cell_tumor/index.html

症状としては胸の痛みや咳などの呼吸障害、疲労感や視覚などの障害といったものが表れるそうです。
また、かなり難しい病気のため、治療も複雑で専門にしている医者でないと治療さえできないとまでいわれてる病気でもあります。大変な病気ですね。

もちろん手術や放射線治療などで治すことができますが、やはりステージが進行すれば転移をしてしまうというのは他のガンと同じようです。

突然の病気によって倒れた夫を見て、吉田さんはツアーの中止を決めたといわれています。
しかし、病魔に侵されながらも末田さんは彼女に対してツアー、がんばってねと元気に送り出したそうです。吉田さんはそれによってツアーを続行すると決めました。

出典 https://laughy.jp

出典 https://laughy.jp

夫の励ましの言葉を受けてツアーを続行した吉田さんですが、公演終了後から3日後の9月26日に末田健さんは33歳という若さで帰らぬ人となりました。

突然の悲報に、妻である吉田さんは大きなショックを受け、しばらくの間は食事や生活もままならないほど衰弱してしまったといわれています。

また、中村正人さんもこのことにはショックを受けており、自身のブログで末田さんについてコメントを投稿しました。

吉田美和の最愛のパートナーである末田健監督が、2007年9月26日16時15分、胚細胞腫瘍で亡くなりました。ドリブログ http://blog.dctgarden.com/2007/09/30/2007930.html

この書き出しで始まる中村さんのブログには、大変素晴らしい文章が書かれています。
全文引用すると長くなってしまうので割愛しますが、ぜひ原文を読んでみてください。

『わたしたちの未来予想図』という歌について

僕は、吉田がこの歌をまた歌える時がくるまで、静かに待ちます。同サイト

このような支えがあったからこそ、吉田さんは立ち直ることができたのだと思います。

しばらくは自宅にあった彼の私物などを見て悲しみを紛らわしていた吉田さんですが、いつまでも泣いている姿を夫はどう感じるのか。
最後まで自分を励ましてくれた彼に応えるため、彼女は夫に捧げる歌として『AND I LOVE YOU』という曲を作り上げました。

この曲は約2分と短いのですが、歌詞には亡き夫への思いが詰め込まれた楽曲となっています。
そして夫がいつまでも自分の活躍を見てくれていると信じて、吉田さんは再び歩き続けることを決めたのです。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

彼の言葉がなければ彼女の歌声は二度と聞けなかったのかもしれませんね。

そんな末田さんのご両親とは現在でも交流が続いており、命日にはお墓参りへ一緒にいくなどしているようです。

<スポンサーリンク> 

再婚した母が?

愛する人を亡くしたというショックを歌によって克服し、以前と変わらずDREAMS COME TRUEとして活躍をしていた吉田さん。

元夫との別れから約5年ほど過ぎた2012年に、ドリカムのサポートメンバーとしても活躍しているロックバンド『FUZZY CONTROL』のjuonこと鎌田樹音さんと電撃再婚をしたのです。

出典 http://topicks.jp

出典 http://topicks.jp

この再婚には親や兄弟もびっくりしたようで、報告を聞いた彼女の弟は、義理の兄になるjuonさんに会ったことがなかったため更に驚いたそうです。

そして夫であるjuonさんは吉田さんよりも年下なのですが、これが何歳離れているのかと言いますと、なんと19歳も年の差があります。
元夫も9歳離れていましたが、彼女は年下男性を魅了する母性が強い人なのかもしれませんね。

2人が出会った馴れ初めは、旦那がキター・ボーカルを務める同バンドがドリカムのシングルに参加したことがきっかけだそうです。

出典 http://topicks.jp

出典 http://topicks.jp

そこから少しずつではあるものの2人の距離は近づき、恋人という関係になったそうですが、やはり吉田さんには元旦那への思いが強く、自分が幸せになることに不安を感じていたことがあったといわれています。

しかし、一途な気持ちで自分を愛してくれるjuonさんの思いを感じ、彼女は彼と歩むことを決意して再婚をすることになりました。
juonさんもまた彼女を幸せにすると決意し、バンドの公式サイトでその思いを公開しました。

再婚相手の母はりりい?

そんな再婚相手となったjuonさんですが、彼の母親もシンガソングライターや女優として活躍をしていたりりィさんです。
よく『りりい』と勘違いする人がいるようですが、りり『ィ』が正しいお名前です。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

最近では大人気ドラマ『半沢直樹』にも出演していましたし、息子夫婦が主題歌を歌う『救命病棟24時』にも出演していましたね。

りりィさんは年の差結婚や息子の婿入り、そして自分と13歳しか差がない吉田さんとの結婚について2人が幸せならいいと特に気にすることもなく結婚を受け入れたといわれています。

そういえばりりィさんも結婚や離婚をしており、そういった体験があったからこそ吉田さんを暖かく受け入れたのかもしれませんね。

しかし、彼女の義母となったりりィ(本名:鎌田 小恵子)さんは2016年11月に肺がんのため64歳で亡くなりました。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

家族関係も良好で姉妹のような付き合いだった吉田さんとりりィさん。
そんな義母の最期は夫と一緒に看取ったそうで、安らかに眠る彼女を見送ったといわれています。

歌手としても母親としても尊敬していたりりィさんとの別れは辛い出来事だったと思いますが、彼女の残した思いなどを胸にjuonさんとともに頑張っていくことでしょう。

子供は?

2度の結婚をして現在ではjuonさんとともに歩んいる吉田美和さん。

そういえば子供はいるのでしょうか?

どうもjuonさんとの間には残念ながら子供はいないようです。
夫は31歳で吉田さんは51歳ですし、お互いにライブなどで忙しいので子供を授かるというタイミングがなかったのかもしれませんね。

出典http://sisirita.com/

出典http://sisirita.com/

では元夫である末田健さんとの間にはいたのか?

こちらも2人の間にはお子さんはいませんでした。

しかし、末田さんは彼女と結婚するまでは既婚者であり妻もいました。
噂では交際が始まった当初は妻が妊娠中だったといわれており、離婚が成立する前に元妻との間にはお子さんが誕生したともいわれています。

親権は元妻が持っていたようですので、やはり2人にはお子さんはいないようですね。

発達障害?

アカペラでも聞き惚れる歌声や日本人でもわかりやすい英語の発音など、音楽の高い技術を持っている吉田さん。

出典http://saishintopic.blog.so-net.ne.jp/

出典http://saishintopic.blog.so-net.ne.jp/

しかし、実は発達障害ではないかとネットでは噂をされているようです。

これは中村正人さんが彼女との関係をテレビなどで発言したことや、最初の結婚が奪取に似ていたことから広まったようなのです。

ちなみに発達障害とは、

いわゆる空気を読むや相手の気持ちを読むことが苦手な「社会性」、相手の発言を即時に正しく理解したり、自分の思いを細かくわかりやすく伝えることが難しい「コミュニケーション面」、そして次に起こる出来事を想像することが苦手で自分の安心したルール・環境に過度に固執しやすい「想像・こだわり」といった特徴があります。出典:kaien http://www.kaien-lab.com/aboutdd/definition/

このような特徴があるのですが、吉田さんの行動に少し当てはまる部分があるということで噂が出たようです。

閑ジャムに中村正人さんが出演した際にこんな話をしていましたが、作詞をさせてほしいと中村さた頼んだところ、吉田さんはあなたに歌と作詞の才能はないと一刀両断したそうです。
また、彼女の歌詞や曲に対して意見をすると怒られるなどといったエピソードも語っていました。

出典 https://laughy.jp

出典 https://laughy.jp

こういったことが上記の特徴にある『想像・こだわり』に近いのではないかといわれています。

またテレビ番組などに出演した際にはどこか落ち着きがなくソワソワしている様子を見て、彼女は『ADHD(注意欠陥・多動性障害)』という発達障害ではないかという噂もあります。

しかし、吉田さんが障害を持っているというのはネットなどで流れている噂ですし、これについて事実かどうかなんて誰もわかりません。

出典 https://matome.naver.jp

出典 https://matome.naver.jp

中村さんに対しての発言も、音楽というものに一切妥協をしないという信念からくるものかもしれません。また、落ち着きがないのは意外にも吉田さんがあがり症が原因といわれています。

なので吉田さんが発達障害であるというのは単なる噂であり、そういった事実はないと考えてもいいかもしれませんね。

余談ですが中村さんという方はサービス精神が旺盛というか、ご本人はもっとバラエティに出たいという話もしていましたが、テレビに出るたびに視聴者が喜ぶと思って暴露話をしているようです。

最後に

数々の幸せや困難をくぐり抜けてきた吉田美和さんですが、そんな人生があったからそこ今の彼女が奏でる歌というのは聞く人を魅了し、心に染み渡る名曲として生み出されているのだと思います。
そして2016年もベストアルバムやライブツアーといった活躍を続けるDREAMS COME TRUE。
これからもその美しい歌声と深みのある歌詞で、多くのファンに素敵な歌を届けて欲しいですね。
参考サイト 希少がんセンターHTTP://WWW.NCC.GO.JP/JP/RCC/01_ABOUT/GERM_CELL_TUMOR/INDEX.HTML
KAIEN HTTP://WWW.KAIEN-LAB.COM/ABOUTDD/DEFINITION/
脳神経外科 澤村豊のホームページ http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/pediattumor/germcelltumors/germ/

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>