佐藤B作のがんが再発でステージは?前の嫁は医者?事故死?息子の銀平が似てる?

Pocket



その活躍は現在でも衰えることはなく、人気作品への出演や劇団の座長などをしている佐藤B作さん。

どの作品でもマッチする演技は素晴らしく、彼を尊敬する役者もいるのだとか。

そんなB作さんですが、過去には重い病気を患っていたようですが、彼を襲った病魔とはいったいなんだったのでしょうか。

それは、胃がんという病気だったのです・・・

佐藤B作のがんが再発でステージは?

大学中退後に結成した『劇団東京ヴォードヴィルショー』の座長を現在も続け、その他にも大河ドラマや映画に出演している佐藤B作さん。

出典 https://matome.naver.jp

このB作という芸名ですが、これはA作に対してB作ということで、内閣総理大臣を務めた佐藤栄作さんをもじって付けられたいうのは有名な話です。

また、本名は佐藤敏夫(としお)といって、名前の由来については彼の父が砂糖と塩とかけて名付けたといわれています。

出典 http://koimousagi.com

本名も芸名も面白い由来があるのですが、だからこそ誰もが知る素敵な俳優になったのかもしれませんね。

さて、B作さんはNHKのドラマ『新撰組』や映画『ラヂオの時間』などの人気作品に出演をしていますが、2007年ごろに体調に違和感を感じていたそうです。

そして、故・中村勘三郎さんの進めで人間ドックを受診したところ、初期ではあるものの、胃がんという病気だったのです。

胃がんの状況は?

中村勘三郎さんからの指摘で人間ドックを受けたことで、2007年に初期の胃がんということが発覚した佐藤B作さん。

胃がんという病気について、このように説明されています・・・

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すことで生じます。胃がん検診などで見つけられる大きさになるまでには、何年もかかるといわれています。大きくなるにしたがってがん細胞は胃の壁の中に入り込み、外側にある漿膜(しょうまく)やさらにその外側まで侵食し、近くにある大腸や膵臓(すいぞう)にも広がっていきます。がんがこのように広がることを浸潤(しんじゅん)といいます。出典:がん情報サービスhttp://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/

B作さんは何の病状もなく、体調もよかったと語っています。

また、その後も病気の影響もなかったことで、そのままにしていたといわれています。

出典 https://matome.naver.jp

しかし、胃がんという病気は初期症状が少ない病気なのだとか。

早い段階で腹痛を感じる人もいますが、多くは無症状のまま経過します。がんが進行していても1/3の人は無症状といわれています。食べ物の通過障害や食欲不振、吐き気・嘔吐、貧血、黒色便、体重減少などが見られた場合は、しばしば進行がんになっていることがあります。出典:いしゃまち https://www.ishamachi.com/?p=5460

症状もなく腫瘍も消えたと思っていたB作さんですが、翌年2008年の2月に舞台公演中だった彼に医師が訪れて、その医者から腫瘍は消えておらず、すぐに手術をする必要があるといわれたそうです。

出典 http://fulloflovemy99.com

そして入院と手術を受けたのは2008年の5月

約4時間という長時間の手術と、胃の3分の2を摘出するという大掛かりな手術だったといわれています。

無事に手術は成功し、5月中には退院することができ、再び俳優として復帰をすることができました。

がんの再発とステージとは?

佐藤B作さんが胃がんの手術を受けて約1年

術後の経過を確認するために検査を受けたのですが、今度は食道にがんがあることが判明しました。

実は胃がんという病気ですが、手術から1年以内に再発する可能性が高いといわれています。

また胃がんが再発する時期は、手術を受けた後1年以内がもっとも多くなります。すべての再発症例のうち、約8割が術後2年間に起こるといわれていますので、3年目を迎えるまでは特に慎重な経過観察が必要です。出典:胃がんのサイト http://www.xn--v8j8c4e0r808vqea643bo8fz5ac51e.com/5-2.html

また、再発とは何も同じ場所にできることだけではなく、別の場所に発生する転移も再発として扱われているそうです。

B作さんも再発という形で食道にがんが見つかり、手術を受けています。

こちらの手術も成功していますが、再発防止ということで放射線や抗がん剤などで治療をしたといわれています。

イメージ画像

かなり負担のかかる治療だったそうですが、更に翌年の2010年に異常が見つかり、摘出手術となったのです。

幸い、良性だったので問題なく摘出できたそうです。

こうして3度の手術を乗り越えた佐藤B作さんですが、病気の進行をあらわすステージはどれぐらいだったのでしょうか?

出典 https://matome.naver.jp

2008年に手術をした胃がんですが、発見されたときは初期ということで、ステージⅠAかⅠBだったと思われます。

しかし、そこから手術をするまでに時間があり、胃の3分の2を切除したことや1年後の再発をしていることから、ステージはⅢA以上の可能性が高いです。

出典 http://hotjupiter.net

佐藤B作さんは余命宣告を受けていませんし、今でも俳優として仕事をしています。

なので、末期であるステージⅣまでは進んでいなかったことでしょう。

胃がんは術後から5年経過すると再発の可能性がほぼ0になり、一応は完治といえるそうです。

一度は病気が再発してしまったB作さんですが、胃がんについてはとりあえず完治と見てもいいのかもしれませんね。

<スポンサーリンク> 

前の嫁は医者?事故死?

佐藤B作さんは胃がんという病気ではありましたが、今では俳優として再び活動をしています。

そんな彼の病気を支えていたのが、女優で妻のあめくみちこさんです。

出典 https://matome.naver.jp

彼女も人気ドラマや映画に出演しており、過去には『オレたちひょうきん族』といったバライティにも出ていました。

B作さんとあめくさんのなれそめですが、テレビで共演したのちに夫の劇団彼女が入団したことがきっかけのようです。

出典 http://zzzno.com

さて、今ではおしどり夫婦とまで呼ばれているお二人ですが、B作さんは過去に離婚をしており、あめくさんは再婚相手ということになります。

また、彼には離婚歴があるのですが、なぜか噂によると2回離婚したという話と、5回離婚をしたという二つの噂があります。

どうも5回という方が有力なのですが、本人や嫁さんであるあめくさんが語らない限りは事実はハッキリしないようです。

出典 http://anincline.com

では、今の嫁と出会う前の結婚相手がどんな人だったのかも気になりますが、やはり一般人ということでほとんど情報はありません

しかし、現在の嫁のあめくさんの前に結婚していた女性の方だけは、少しですがどういった方なのかが分かりました。

その人は幸子(さちこ)さんという名前で、この元嫁は精神科医のお医者さんだともいわれています。

イメージ画像

元嫁の画像はないようですが、一度テレビ番組で写真が公開されたことがあるそうです。気になる方は、検索すると出てくるかもしれませんよ。

二人の間には子供も生まれ、素晴らしい家庭だったのですが、残念ながら奥さんは海難事故で水死という悲しい別れがあったそうです。

幸子さんが死去をされたことで、その後出会ったあめくみちこさんと再婚したということになります。

出典 http://www.minpo.jp

嫁が事故による死去ということで、当時はB作さんもお子さんも相当なショックだったと思います。

そういった悲しみを背負ってもテレビなどに出演しなければならないB作さんの気持ちは、きっと辛く苦しいものだったのかもしれませんね。

息子の銀平が似てる?

佐藤B作さんと元嫁の幸子さんの間には子供がいるのですが、そのお子さんは現在では俳優や声優として活動をしている佐藤銀平さんです。

2016年に放送された『制服捜査3』などのドラマに息子さんは出演していますし、人気ゲーム『キングダムハーツ』には声優として参加しています。

出典 http://qulioplus.jp

そんなB作さんの息子ですが、画像やドラマでその姿を見てみると、父と似ているように思います。

私も父に似ているといわれることがありますが、やはり男の子は父親に似るものなの?でしょうかね?

さて、過去には女性関係についてちょっとだらしない部分があったようなB作さん。

そんな父親を反面教師として、自分は真面目になったのだと息子の銀平さんは踊るさんま御殿で語っています。

出典 http://芸能人実家お金持ち子供画像.com

では、息子である銀平さんの結婚や家族はどうなのかというと、2008年に第一子が誕生し、その後に2人目が生まれるという幸せな家庭を築いたそうです。

父と違ってきちんとした家庭を持っているのだと思ったのですが、実は息子である銀平さんも離婚をしているのだとか。

それも離婚理由浮気といった女性関係だったそうで、父親と同じ理由だったことには驚きです。

出典 http://photozou.jp

離婚をした嫁の画像や情報は一般人ということで明らかになっていませんが、まさかこんなことになるとは、銀平さんの元嫁も夢にも思わないことだったでしょう。

その他にも息子は学習院大学を、父は早稲田大学を中退して演劇の世界で活躍するといった共通点があるのですが、できれば女性関係は共通してほしくなかったものですね。

それでも、現在ではドラマや舞台、そして声優として活躍中の銀平さん。

そういった過去はありますが、それを跳ね除けるように頑張ってほしいですね。

まとめ

最後にまとめますと

    • 佐藤B作のがんが再発でステージは?
      2007年に胃がんが発覚した佐藤B作さん。手術は成功したのですが、翌年に食道に病気が見つかり再発。その後も異常がありましたが、現在では再発の恐れはないといわれています。
    • 前の嫁は医者?事故死?
      現妻のあめくみちこさんとは再婚で、過去に数回の離婚歴がありました。前妻は幸子さんという女性で、職業は医者だったといわれています。しかし、残念ながら海の事故によって亡くなったそうです。
    • 息子の銀平が似てる?
      前妻との間に誕生したのが、佐藤銀平さんです。顔も似ていますが、過去の経歴なども似ているようです。

過去には胃がんといった病気と闘っていましたが、今ではドラマや舞台などに複数出演している佐藤B作さん。
病気から年数も経っていますので、完治したという診断をもらっていることだと思います。
しかし、年齢的にも別の形での再発なども考えられますので、自身の体調管理には十分気をつけてもらいたいものですね。参考サイト がん情報サービスhttp://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/ いしゃまちhttps://www.ishamachi.com/?p=5460 胃がんのガイドhttp://www.xn--v8j8c4e0r808vqea643bo8fz5ac51e.com/5-2.html がん情報サイトhttp://www.kameda-health.com/cancer/patient/cancer/stomach/stage/ がんのきほんhttp://www.gan-info.com/305.6.html

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>