矢方美紀の癌は現在?手術とステージ、入院、治療は?年齢から再発とこの先は?

Pocket



矢方美紀さんと言われても、なかなかピンとこない人もいるかもしれません。
ですが、元SKE48だった女性が乳がんを公表したニュースは、耳にした方も多いのではないでしょうか?
当時の年齢が25歳という若さや、国民的アイドルグループに所属していたSKE48の元メンバーの癌の報告ということで、多くの情報番組で矢方さんの件を報道していましたよね。
日本人の2人に1人がガンといわれる今の時代、有名人の中にも癌を公表したり、闘病生活を公開したりという方が増えてきました。
矢方さんのような若い方が、どのようにしてガンを発症したのかなど、どうしても気になってしまいます。
今の時代、とても他人事ではない『ガン』という病気。
今日はその癌と闘うことになった矢方美紀さんについてお伝えしたいと思います。

矢方美紀の癌は現在?手術とステージ、入院、治療は?

矢方美紀さんは、1992年6月29日生まれ大分県出身

血液型はO型で、SKE48には3期研究生として加入し、チームSのリーダーをしていました。

相性は『みきてぃ』で身長153cmという小柄なスタイルに、ちょっと童顔なところがある、ベビーフェイスのかわいらしい女性です。

大島優子さんに似ていますね、って思ったら大好きな人なのだとか。

ですが人気というと、恒例の総選挙では2012年に62位という結果を残し、それ以外では圏外という結果でした。
アイドルファンではない方は、画像を見ても、ピンと来ない方が多いかもしれません。

もちろんそれでも多くのファンの応援を受けていて、普通の人からみたらとてもすごいことなんですけどね。

ちなみに、AKBグループの王者、あの指原莉乃(HKT48)さんとSKE48の矢方美紀さんは地元が同じで、小学校や中学校、特に大分市立王子中学校に通っていた頃には同じクラスだったこともあり、ついでに塾まで一緒だったのだとか。

とはいえ二人の間に関わりはあまりなく、それぞれが別々の高校に進み、各々AKBグループに合格したという流れなのだそうです。
実際、二人が絡んでいるイメージや画像はほとんど見当たりませんでした。

唯一見つかったのは、矢方美紀さんと指原莉乃さんにプラスして、小野晴香さんの3人が写っている画像です。

ただ、これについてはあまり公にしていないので知らないファンもいるそうです。

その理由としては、芸能界に入る前の話なので伏せていたと言われています。

また、SKE48に合格した際、矢方さんは高校を大分県の高校から名古屋の高校に編入したそうで、卒業が一年遅れており、その後、一年遅れで高校を卒業し、名古屋経済大学短期大学部に進学したのだそうです。

アイドルが忙しく学業も難しい中、高校を編入して大学まで進学するのは、なかなか簡単にはできないことだと思います。

そんな真面目な矢方さんなので、病気も公表するに至ったのでしょうか。

SKE48を2017年2月いっぱいで卒業した翌年の2018年4月に、自ら乳がんを公表しました。

<スポンサーリンク>

矢方美紀はブログでがんを公表

2017年2月末でSKE48を卒業した矢方美紀さんは、2018年1月から新しい事務所に所属し(TYK Promotion キャッチコピーはナゴヤから革命を芸能活動を再開していました。

その所属事務所から2018年3月に療養のためのお休みが発表され、その翌月の4月13日に、矢方さんはご自身の公式ブログ(アメブロ)で乳がんであること、そして手術を受けていたこと公表しました。

公表するかどうか、実は迷ったとインタビューに答えて語っていた矢方さん。

それでも、自分の言葉で誰かの力になれたらと公表に踏み切りました。

今にして思えば、乳がんと診断されても前向きに頑張る気持ちになれているのは、アイドル時代に精神的にも肉体的にも鍛えられたおかげなのかもしれないです。http://bunshun.jp/articles/-/7466?page=3

このような彼女のインタビュー記事を読むと、矢方さんの前を向こうとする強い精神力と、アイドル時代に培ったという辛いことを乗り越える力に感動します。

そしてその決意の表明のように、4日後の17日には情報番組ノンストップ!にVTR出演をし、乳がんのステージや治療に関して詳しく話す姿が報道されましたね。

それによって矢方さんのガンを知った方、そして、そこで語られた乳がんのステージに驚いてしまった人もいたのではないでしょうか。

矢方美紀のがんはステージⅡ

ノンストップ!で彼女自身が語ったところによると、矢方さんのガンは、乳がんと診断された際に、すでにリンパ節にも転移してしまっている「ステージⅡB」だったそうです。

矢方さんは病院へ行くきっかけをこう語っています。

最初は「左(乳房)の方にポコッとなったしこりみたいのを見つけて、これってなんだろう? 最初は虫に刺されたのかなっていう、そんな感じだったんですよね」https://www.oricon.co.jp/news/2109679/full/

体調が悪かったりする病気の疑いではなく、しこりの違和感から病院へ行き、乳がんだと告知されたんですね。

乳がんにも様々な病名がありますが、矢方さんの場合は「若年性乳がん」という診断をうけています。

この若年性乳がんに罹患する確率は乳がん患者全体の2.7%とのこと。
とても少ない確率の1人だったわけですね。

そして、矢方さんの症状ですが、発見時のしこりの大きさは2.5センチ。
ガンは、リンパ節への転移もみられました。

手術は左乳房全摘出とリンパ節切除

矢方さんの場合、幸いなことに早期発見ではありましたが、リンパ節への転移もあったことから、彼女が選択した治療法は、ガンだけを取り除く温存療法ではなく乳房の全摘出手術でした。

25歳という年齢で乳房を失う気持ちはどれだけ辛かったでしょう。
これについてもご本人がこのように語っています。

全摘出については「受け入れるのはすごく時間がかかりました」と話しつつも、決断した理由には「その後、20年、30年と考えたときにやっぱり再発の率も上がることもあるって聞いたのと、年齢的に遺伝の可能性があるので、病気になりやすい体かもしれないというのを聞いて、今回は全部を取ってちゃんと治療していこう」と語った。
https://www.oricon.co.jp/news/2109679/full/

何十年も先の事を考えたということですね。

また、遺伝による発症の可能性があると語っていますが、これから結婚もして、出産も考えたとき、遺伝性の病気を抱えていると思うのは、とても辛いことですね。

調べていると矢方さんはとてもしっかりした方で、もうとっくに成人もしていますが、名古屋で一人で暮らしているため、病院に1人で行き、告知も1人で受けたそうです。

その上で、親御さんには心配かけまいとなるべくなんでもない風を装って、明るくガンだったことを告げたとのこと。

同じく乳がんを患って惜しまれながらこの世を去った小林麻央さんもそうですが、真面目で誠実で優しい。そんな人ほど重い病気になるような気がしてしまいます。

年齢から再発とこの先は?

矢方さんは乳がんの摘出手術後、入院中の画像をつけたブログをアップしています。

現在もブログは削除せずそのまま残っていますが、それによると、ほかに異常や転移は認められなかったようです。

とはいえ、癌の恐いところは再発だと思います。

やはり一般的にガンは年齢が若ければ進行が早いと言われますし、検査にひっかからない程度の転移がないとも言い切れない。そう思って眠れないこともあるのではないでしょうか。

現在まだ25歳。きっと、怖い思いをしていると思います。

きっと定期健診は欠かすことはないと思いますが、矢方さんは、現在すでにラジオなどで仕事復帰をされています。

公式ブログに書かれていましたが、Twitterのツイキャスライブもしているようなので、仕事で無理をしてそれが再発につながらないか心配になってしまいます。

闘病を支えたSKE48のメンバー

闘病する矢方さんを支えたのは、自身がリーダーを務めていたSKE48時代のメンバーだったそうです。

雑誌のインタビューに答えて、最後にこのように語りました。

乳がんと診断されて、手術で乳房も全摘出して、1回は泣きましたけど、いつまでも泣いていないでリセットして自分の将来を考えよう、負けてたまるか、って気持ちになれたのは、SKE48として過ごした7年半のおかげかもしれないと、今あらためて思います。http://bunshun.jp/articles/-/7466?page=3

弱音は吐かず、嫌なことがあっても水に流すという矢方美紀さん。

総選挙での順位は目立つものではなかったかもしれませんが、こんなに立派な娘さんを持って、ご両親は心から誇らしいと思います。

ゆくゆくは声優になりたいという彼女の夢が、大きく叶うことを願いながら、これからも活躍と、何よりも癌の再発がないこと、そしてずっと健康であることを願っています。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>
矢方美紀の癌は現在?手術とステージ、入院、治療は?年齢から再発とこの先は? はコメントを受け付けていません。 がん 婦人科 病気