志村けんが肺炎で入院した原因は?病状は?死去のニュースが流れた理由は?どこの病院?

今やお笑い界の重鎮として様々なメディアで活躍している志村けんさん。
教師である厳しい父親が唯一笑顔を見せるお笑い番組を見て、自身もその世界に憧れを持ち芸人の道へと進んだと言います。
そしてザ・ドリフターズの付き人を経て正式にメンバー入りを果たし「8時だよ!全員集合」では東村山音頭によって大人気となりました。
その後は「志村けんのだいじょうぶだぁ」での変なおじさんや「志村けんのバカ殿様」で家老である桑野信義さん達を振り回す「バカ殿」など、今では知らない人はいない程のキャラクターを生み出しました。
現在でもお笑い界の第一線で活躍している志村さんの進撃はこれからも続くと思います。
しかし、そんな志村さんも現在は66歳。緊急入院のニュースが飛び込んできました・・・ 「志村けんが肺炎で入院した原因は?病状は?死去のニュースが流れた理由は?どこの病院?」の続きを読む…

美空ひばりの死因は?命日とお墓は?息子は養子?実母は?旦那は?障害が?韓国?生い立ちが?

「悲しき口笛」の主題歌で天才少女歌手としてその名を全国に広げた美空ひばりさん。
「みだれ髪」やCMから生まれた「愛燦燦」といった何処か落ち着きのあるシットリとした歌詞の曲から、「お祭りマンボ」や「人生一路」のようなアップテンポな歌まで歌いあげる姿はまさに歌謡界の女王という異名にふさわしい方です。

また、英語が全く喋れないにも関わらず、ジャズを歌う際には正確で美しい発音だったという逸話も残っています。

そんな彼女を代表する1曲と言えばやはり「川の流れのように」ではないでしょうか。
彼女は作詞家である秋元康さん、作曲家の見岳章さんと言った若い人物との出会いによって、今後の活動をより大きくするといった意欲も持っていたようです。
結果、最終的には約150万枚のミリオンとなり、64年に発表された「柔」には届かなかったものの大ヒットを記録しました。
そしてこの曲は、彼女の遺作となりました・・・ 「美空ひばりの死因は?命日とお墓は?息子は養子?実母は?旦那は?障害が?韓国?生い立ちが?」の続きを読む…